「低用量ピル」の服用と注意点

生理痛の対策は、実は色々とあるんです。人によって効果的なものとそうでないものがありますので、まずは対策の種類について知識を深めておきましょう。

今回は、「低用量ピル」を使用することで生理痛対策をすることに触れますが、実はデメリットもあるということに注意しなければなりません。

 

低用量ピルとは?

「低用量ピル」とは、一言で言えば「ホルモン剤」です。低用量ピルには「女性ホルモン」が含まれており、その服用によって体内の女性ホルモンの総量を増加させます。

その効果として、脳下垂体に「妊娠した」という状態を錯覚させます。それによって排卵を抑えることができます。

低用量ピルは、元々は「避妊薬」です。

生理痛対策として用いられるのは、その副次的な作用に基づきます。低用量ピルは産婦人科で処方されますが、日本ではまだ歴史の浅い医薬品であり、産婦人科によっては処方されていない場合もあります(特に出産を専門としている産婦人科の場合)。低用量ピルは避妊効果の高い避妊薬ですが、服用を止めることで再び妊娠できるようになります。後に妊娠を希望する人にとって、安全な避妊薬であると言えます。

 

低用量ピルと生理痛の関係

低用量ピルは、前述のとおり女性ホルモンの働きによって排卵を抑えます。その結果、子宮内膜の増殖を抑えることができます。

その結果、プロスタグランジンの分泌を抑え、生理痛の症状や出血を抑えることができます。数ある生理痛対策の中でも、低用量ピルは「生理痛の症状の原因に対する対策」であると言えます。

ほかの方法では、生理痛の痛みを少しでも抑える対策です。低用量ピルの場合は、生理痛の派生のメカニズムそのものに対してアプローチをかけます。

そのため、正しい服用をしていれば人によっては生理痛の症状がほとんど現れず、出血もほとんどなくなることも少なくありません。

 

低用量ピルのその他の効能

元々は避妊薬として開発された低用量ピルですが、避妊や前述の生理痛以外にもいくつかの効能が確認されています。

まず、子宮体がんや卵巣がんの予防です。次に、子宮内膜賞の改善に効果を発揮します。また、乳房の良性腫瘍の発生率を下げる効果も期待できます。

さらに、肌荒れやにきびの症状が軽くなることもあります。そのため、産婦人科で子宮内膜症や生理不順などの診断を受けた場合に処方されることが多いです。

 

低用量ピルの副作用

これだけ多様な効果をもたらす低用量ピルですが、副作用が全くないわけではありません。

低用量ピルは女性ホルモンを含む医薬品です。それを服用するということは、少なからず「ホルモンバランスを崩す」ということになります。

実際の症状としては

「頭痛」

「吐き気」

「倦怠感」

「不正出血」

「静脈血栓症」

が挙げられます。まず、吐き気や頭痛、倦怠感などは低用量ピルを服用し始めた初期の段階で見られます。

服用を続けることで体が低用量ピルに慣れていくと、次第に症状は落ち着いていきます。次に不正出血ですが、これは症状自体が軽いものであり、同様に服用し続けていくことで出血の度合いも落ち着きます。

最後に静脈血栓症ですが、これは10万人に1人程度の、極めて希なケースであると言えます。ただし、少しでも疑うような症状が現れた場合には医療機関の受診をお勧めします。

 

まとめ

低用量ピルは女性ホルモンを含む医薬品であり、排卵を抑えることで避妊薬として開発されました。

現在では生理痛緩和の他にも子宮内膜症の改善や生理不順の処方薬として産婦人科で入手することができます。ただし、頭痛や吐き気、不正出血や静脈血栓症などの副作用のリスクがあります。

服用を続けることで症状は軽くなり、静脈血栓症は極めて希なケースであると言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る