「生理痛の辛さ」を男性にも理解してもらおう

生理痛の症状そのものに対する対策だけでなく、症状が発生したあとに生理痛によって起こる不都合を回避するための対策も必要となります。

薬を常備しておいたり、休みの日であればすぐにでも横になれるようにしたりと、様々な方法があります。

今回は、男性に生理痛の辛さを理解しておいてもらうことによる対策を紹介します。

 

男性に生理痛はない

簡単に言ってしまえば、男性は生理痛の痛みを知る術はありません。

なぜなら、男性に整理はなく、生理痛も当然ながら起こりません。

人は知らないことに対して空想を働かせることはできます。知識として知ることもできなくはありません。しかし、所詮は知識の範疇を超えません。

知識で知り得る話と、実際に経験した話では、全く異なる性質を持っています。交通事故に遭った人の話を聞いても、実際に交通事故に遭った訳ではないのと同じことです。

 

生理痛に対する理解度の薄さによる弊害

上記の理由から、男性は生理痛の辛さを理解しえません。また、女性の中にも体質的な問題で生理痛が軽く、重い生理痛の辛さを知らない人もいます。

場合によっては、後者の方が重大な問題となる可能性もあります。例えば、生理痛が重く、立っているのも辛い場合があります。救急車を呼び、病院へ行くべき場合もあります。

しかし、生理痛の重大さが分からない人の場合は、それを「仮病」のような扱いをすることも少なくないのです。特に社会人となり、仕事をするようになるとその傾向が大きいです。

特に軽いながらも生理痛についての経験者である女性の場合は、自分がこうだからという理由で生理痛が重い女性のことを「仕事を休みたいから嘘をついている人」のように扱うことが決して少なくありません。

相手が男性の場合、それが別れの原因となることも少なくありません。生理の際には精神状態も通常とは異なり、ちょっとしたことですイライラしてすぐにカッとなることが多いです。

それを理解していない男性は、女性の急変に適応できずに別れ話に発展してしまうことがあります。

 

どんな痛みといえば良いか?

知識だけでも理解するためには、分かりやすい「たとえ」が必要です。

分かりやすい「たとえ」とは、その人が経験したことがあるであろう実例を挙げるのが最も効果的です。最も類似するであろう経験を思い返させることで、本来は経験できない事柄を擬似的に再現することができます。

生理痛の痛みを例える場合、知り合いは「盲腸の痛み」や「男性の股間を蹴り上げた時と同等」という意見が多かったです。ネットでも同様の意見が大きいです。

盲腸は経験したことがない人もいるでしょうが、後者の方は子供の頃に経験があるのではないかと思います。

 

理解力のあるパートナーを見つける

特に相手が男性の場合は、生理痛に対する理解力の少なさがそのまま別れ話の原因になることもあります。

そうならないようにするためには、生理痛対策を叱りしておくことも重要ですが、男性の理解を得ることです。

「生理痛はこんなに辛いものなんだ」

「生理痛でこうなっているんだ」

という認識があれば、有事の際にもきちんと対応できますし、別れ話も減るのではないでしょうか。

女性は生理痛を周囲に隠そうとする傾向がありますが、男性が気遣いを見せることとは別物です。自身のパートナーとなる男性には、生理痛についてきちんと理解してもらうことが重要だと言えます。

 

まとめ

男性は整理が起こらないため、生理痛について知りません。また、女性の中にも生理痛が軽い人は重い生理痛について知りません。

生理痛の痛みは「盲腸」「股間を蹴り上げる」と例えられることが多いです。パートナーにはきちんと生理痛について理解してもらうことが重要です。

関連記事

ページ上部へ戻る