「規則正しい生活」が生理痛を抑える

生理痛の辛さは、同じ女性でも大きく異なります。

というのも、一言に「生理痛」といっても、人によって現れる症状もその程度の大きさも異なるのです。人によっては生理痛に悩まされたことがほとんどないという人もいます。

生まれついての原因もあるでしょうが、実は「生活習慣」が生理痛のひどさを決めているという側面もあるのです。

 

バランスの良い食生活

生理痛に深く関わる生活習慣としては「食事」が挙げられます。

簡単に言えば、食生活は食事のバランスをよく考えることが重要です。栄養のバランスは、どれが不足していても体に悪影響となります。

また、ひとつの栄養が他の栄養にも深く関わることもあるので、たった一つ栄養が不足しているだけでも多くの弊害を生むことも考えられます。

さらに、生理痛においては主要な栄養素だけでなく、その食事が体を温めるものなのか、それとも冷やすものなのかを把握することも大切です。

体を冷やすと血行が悪くなり、生理痛を悪化させます。生姜などの体を温める食べ物を積極的に食生活に取り入れたいですね。

なお、温度が温かい食べ物でもカフェインや糖分が多いと体を冷やします。コーヒーや緑茶はカフェインが多いので、温かくして飲んでも体を冷やしてしまう点に注意が必要です。

 

適度な運動

日頃から適度に体を動かすことは、生理痛においてもプラスの効果をもたらします。

特に、足を動かす運動は鼠径部の血行を促進するため、生理痛の緩和に効果的であると言えます。

ただし、激しい運動は体に負担をかけることになり、生理痛を悪化させる可能性が高いです。運動する暇がない人は、ちょっとした空き時間でストレッチをするだけでも随分と違います。

デスクワークをしているとどうしても一日中おなじ姿勢になって生理痛にもよくありません。定期的に立ち上がって、少しでも体を動かしておきましょう。

 

タバコはやめる

タバコは毛細血管を収縮させることで血行を悪くします。

ただ、筆者はタバコを吸ったことがないので良くわかりませんが、急にタバコを吸わなくなるとストレスが溜まるのだとか。ストレスも生理痛にとっては良くないことなので、タバコを吸っている人は徐々に本数を減らし、無理なく禁煙を目指すようにしましょう。

 

飲酒は適度に

タバコと異なり、お酒には体にとって良い影響も少なからず存在します。

適度な飲酒は血管を拡張し。血行を良くすることで生理痛にもプラスの効果をもたらします。

ただし、それはあくまでも「適度な飲酒」に限定した話です。過度な飲酒は体内のアセトアルデヒドの量を増やし、肝臓の負担を増やすことになります。これは生理痛においてもマイナス効果であるため、飲酒は適度な量に留めるようにしましょう。

 

睡眠はしっかりととる

睡眠も生理痛には重要な意味を持ちます。まず、睡眠時間はきちんと確保することが重要です。

睡眠時間が足りないと十分な疲労回復が行えず、疲労の蓄積によって代謝が悪くなり、血行が悪化することで生理痛を悪化させます。また、時間だけでなく、「質」も確保しなければなりません。

睡眠においては、きちんと体がリラックスしていることが重要です。そのため、脳や内臓が機能している状態だと、仮に眠れたとしても体が休めていないため、十分な回復が行えません。

そのため、まずは脳の刺激となる光や音は遮断しましょう。読書も脳を活性化させるので睡眠前には控えてください。

内臓に関しては特に「胃」や「肝臓」が問題です。寝る前の飲食、特に飲酒は胃や肝臓を働かせることになるので、睡眠の質を下げてしまいます。

少し水を飲む程度なら問題ありませんが、本格的な飲食は睡眠数時間前までに済ませておきましょう。

 

まとめ

生活習慣は生理痛において重要な意味を持ちます。食事は栄養のバランスを考え、体を温めるものを食べましょう。

適度な運動・ストレッチも生理痛には良いです。タバコは無理なくやめて、飲酒は適度に済ませましょう。睡眠は十分な時間と品質を確保しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る