「アロマテラピー」で生理痛を撃退!

生理痛対策にはいろんな方法があります。中には、生理痛に全く関係のない事柄でも生理痛対策として有効なことがあります。

今回は、「アロマテラピー」についてまとめてみました。薬や運動、食事といった人体に直接影響しないアロマテラピーがどうして生理痛に有効なのでしょうか?

アロマオイルの効果

アロマテラピーによる生理痛対策の根幹は、「ストレスの緩和」です。

生理中は生理痛による腹部や体の各所の痛みやむくみなどの症状、ホルモンバランスの乱れによる精神状態等の原因により、ストレスが溜まりやすくなっています。

しかし、そのストレスが生理痛の症状を悪化させる原因にもなるのです。過剰なストレスの連続は、自律神経を乱す事で血行の悪化につながります。

血行が悪化すると経血の排出が上手くいかなくなり、子宮をより収縮させることで痛みを増します。それが続けば、生理痛によるうつ症状などを引き起こす原因ともなり、生理痛は悪化の一途をたどります。

そこで、そのストレスを緩和することで生理痛の悪化を防ぐのです。アロマオイルはその香りによって脳に影響を及ぼし、ストレスを緩和する働きがあります。

 

アロマテラピーのメリット

アロマテラピーによる生理痛対策は、まず「ストレス緩和機能が高いこと」が挙げられます。

生理痛によるストレスの発生は人によってその規模が異なります。そして、人によってストレスを緩和できる方法や有効な方法は異なります。

アロマテラピーにおいては、人の好みによってアロマオイルを選ぶことができ、多くの人にとって有効なストレス緩和手段であると言えます。次に、「誰にでも利用できる」ということです。

最近では通販でも購入できる機会が増え、多くの人が容易にアロマオイルを入手することができます。気軽に利用できるのは良いことですね。

さらに、「薬に頼らない」ということです。

人によっては病院や医薬品を極端に嫌う人もいます。そうした人は、低用量ピルや鎮痛愛を使うことができません。しかし、アロマオイルはそういったものとは無関係であるため、どんな人でも利用することができます。

このように、アロマテラピーを生理痛対策に用いることには様々なメリットが存在します。

 

過信は禁物

しかし、アロマテラピーによる生理痛対策は万能であるとは言えません。

まず、「ストレス」という目に見えないモノに対する対策であるということです。ストレスは物理的なものではなく、目に見えるものでもありません。

物理的に直接作用するわけではないので、効果の現れ方も人それぞれです。また、アロマテラピーは生理痛の原因や生理痛の症状に直接影響を及ぼしません。

あくまでも「ストレスの緩和」という目的を果たすものであり、それが間接的に生理痛の症状を緩和するといっても、大元の生理痛に対して直接影響するものではありません。

もちろん、ストレスの緩和によって血行悪化を防ぎ、生理痛の症状を抑えることはできます。しかし、直接的な影響ではないため、生理痛の症状には別の対策が必要になります。

しかしながら、ストレスの緩和には大きな影響を持ち、リラックス効果が高いです。生理によるイライラが大きい人ほど、アロマテラピーは大きな効果をもたらしてくれることでしょう。

 

まとめ

アロマテラピーは、ストレスを緩和してリラックスすることによって生理痛の症状を抑えることができます。

誰でも利用することができ、薬や病院に頼りたくない人でも問題なく利用できます。

しかし、根本の生理痛に対しては直接影響をおよぼさないため、生理痛には別の対策も必要になります。

生理痛によるイライラが大きい人ほど効果も大きいです。

関連記事

ページ上部へ戻る