生理痛の症状「発熱」

生理痛は定期的に訪れてきては私たちを様々な症状によって苦しめていきます。

人によってはあまりひどい症状に襲われた経験がなく、同じ女性でも生理痛に対する印象や理解は大きく異なります。

男性はもちろんのこと、女性でもきちんと生理痛について理解することで職場などのコミュニティにおいて円滑な人間関係を築ける要素となるでしょう。

今回は、生理痛の症状の一つである「発熱」について簡単に説明していきます。

 

生理前は体温が上がるのは普通

通常「発熱」と聞くと、多くの人がイメージするのは「風邪」ではないでしょうか?

確かに風邪をひくと熱を出します。基本的に重い症状であるほど体温を高くするもので、筆者は小学生の時にインフルエンザで39度代の熱を出して意識が朦朧としたのを今でも覚えています。しかし、整理においては体温が上がることはおかしなことではないのです。

生理前の段階では「黄体ホルモン」という女性ホルモンの一種が増えます。このホルモンには「基礎体温を向上させる」という働きがあるため、生理前は体温が上昇するのです。この現象は生理開始とともに黄体ホルモンの量が元に戻り、体温も元に戻っていきます。

 

生理とともに体温は下がるが・・・

前述のとおり、生理の開始とともに上昇していた体温も元に戻ります。

しかし、場合によっては上昇した体温が元に戻らないこともあるのです。その場合、体温を上昇させているのは黄体ホルモンの増加ではなく、別の原因があると考えられます。

その中には風邪といった発熱を伴う病気であることもありますが、もし、生理のたびに発熱が長引くのであれば、「子宮内膜症」や「クラミジア感染症」などが疑われます。

病気による発熱以外だと、生理による血行の悪化も考えられます。もしかしたら、妊娠している可能性も考えられます。

 

「単なる風邪」と思わないことが大切

医学の知識に乏しかった筆者は、具合が悪くなって体温が高くなっていると「風邪かな?」と思うことがほとんどです。

体力や免疫力には自信がある方なので、そういった時にはとにかく体を温かくして横になっています。

これは「風邪がこの程度で感知する病気である」という認識から来ているものと分析します。この認識は、多くの人が持っているものであると考えます。

「発熱=風邪」という認識も、間違っていることだって多いはずです。なかなか熱が引かないから病院に行ってみたら、実は厄介な病気たっだという話も、筆者自身や知り合いの話でも多く聞きます。

生理痛においても、単なる風邪であるという認識や、生理における体温上昇は当然であるという認識が、本来は病気のサインとしても機能すべき「発熱」の発する信号を無下にしている可能性が高いのです。

整理中に発熱が続く場合には、単なる風邪という認識を捨てて、早めに婦人科を受診することをお勧めします。

 

解熱作用のあるハーブティーがオススメ

生理痛の症状と発熱の症状を同時に緩和しようと思うのであれば、「ハーブティー」がお勧めです。

ハーブティーの中には解熱作用や消炎作用を持つものがあり、血行の改善効果もあるため生理痛と発熱の両方の緩和に効果的です。

また、仕事中に発熱に襲われ、生理痛の痛みも合わさっているのであれば鎮痛剤を服用するのも良いでしょう。

根本的な解決にはならないことが多いですが、少なくともその場をしのぐことはできます。

 

まとめ

通常、生理前には黄体ホルモンの増加によって基礎体温が上がり、整理の開始とともに体温は元に戻ります。

しかし、生理が開始されても体温が高いままの場合には「子宮内膜症」や「クラミジア感染症」を患っている可能性もあります。

単なる風邪と思わず、異常を感じたら早めに婦人科へ行くことをお勧めします。病気でなければハーブティーや鎮痛剤が有効です。

関連記事

ページ上部へ戻る