生理痛の症状「吐き気」

生理痛の症状は、数も程度も様々で、人によって生理痛に対する認識は大きく異なります。

同じ女性でも症状の軽い人は、症状の重い人に対して誤解をすることもしばしばです。

生理痛には人それぞれの苦しみがあることを知っておく必要があります。

そこで今回は、生理痛の症状の一つ「吐き気」について解説していきます。

 

プロスタグランジンによる胃の収縮

生理痛による吐き気の発生は、生理痛の原因物質である「プロスタグランジン」が深く関わります。

プロスタグランジンは、経血の排出のために分泌されるホルモンであり、子宮を収縮させる働きがあります。

それが、生理痛における下腹部の痛みをもたらしています。

これ自体は吐き気の原因にはならないのですが、プロスタグランジンが大量に分泌されるようになると、胃の収縮も始まってしまいます。これが、生理痛における吐き気の原因です。

 

腹痛がひどいほど吐き気もひどくなる

胃の収縮の程度は、分泌されるプロスタグランジンの量に左右されます。

言い換えれば、大量にプロスタグランジンが分泌されるほど、胃も収縮して吐き気がひどくなる傾向にあるということです。

さて、プロスタグランジンは本来、子宮を収縮させるために分泌されています。

ということは、吐き気がひどいということはそれだけ支給も収縮しているということであり、子宮の収縮が大きいと下腹部の痛みも大きいということになります。

つまり、生理痛の症状で下腹部の痛みがひどいほど、吐き気もひどくなる傾向にあるということになります。

 

体が冷えているのかも?

しかしながら、プロスタグランジンは私たち女性をいじめるために分泌されているわけではありません。

プロスタグランジンは子宮を収縮させて、不要になった経血を子宮外および体外に排出させるために分泌されています。

ここで問題になるのはその「分泌量」です。

これは女性ごとの生理痛の重さの違いを表すことにもなるのですが、プロスタグランジンは経血の排出が上手くいっていないほどに大量に分泌されるのです。

その理由としては、血行不良をもたらす「冷え」が考えられます。

しかも、私たち女性は男性に比べて体が冷えやすい(筋肉量が少ない・甘いもの好きなど)ため、余計に相性が悪いと言えます。

 

体を温めてリラックスしよう

生理痛による吐き気を緩和するためには、大元の原因であるプロスタグランジンの分泌量をできるだけ少なくすることです。

そのためには、プロスタグランジンを多く分泌しなくても良い状況を作り上げることが必要です。

中でも特に取り組みやすく、効果が実感しやすい方法としては「体を温めること」と「リラックスすること」です。

人それぞれに適した方法はありますが、オススメなのは「アロマオイル」です。好みの香りのオイルをお風呂に数滴たらすだけで、体はポカポカ、心はゆったりとできます。

その他にも体を温める方法はいくつもありいますが、体に負担のかかる行動は生理痛を悪化させる要因になりかねないので注意が必要です。

 

体を冷やしてはいけない

吐き気を緩和したいのであれば、最もやってはいけないことは「体を冷やす」ことです。

寒い場所に長時間い続けるだけでなく、過度な冷房や冷たい飲み物の飲みすぎもNGです。

また、暖かいものでも「カフェインの多いもの」や「糖分の多いもの」は体を内側から冷やすことになるので避けましょう。

 

まとめ

生理痛の原因である「プロスタグランジン」は、子宮だけでなく胃を収縮させる働きもあります。

それによって吐き気をもよおします。その理由から、腹痛がひどい人ほど吐き気もひどくなる傾向にあります。

体を温めてリラックスするのが良く、アロマオイルなどがオススメです。逆に、体を冷やす行為はNGです。

関連記事

ページ上部へ戻る