生理痛の症状「腰痛」

女性の体に定期的に訪れる「生理痛」は、様々な症状をもたらします。

症状は多岐にわたる上、その度合いも様々で、同じ女性でも生理痛の苦しみをわからないことだって珍しくありません。

今回取り上げるのは、生理痛の症状の中でも「腹痛」に次いで発症確率の高い「腰痛」です。

今まで腰痛を感じなかった人も、これから発症する可能性がありますからきちんと見ていってほしいです。

 

主犯は「リラキシン」

結論から言えば、生理痛の腰痛の最大の原因は「リラキシン」という女性ホルモンの一種です。

このリラキシンというホルモンは、主に月経前に分泌されます(後は妊娠中と産後)。

筆者はこの名前を聞いたときに「何かリラックスでもさせてくれるんだろうか?」と思いましたが、あながち間違っていなかったようです。

リラキシンには、「関節を緩める」という働きがあるのです。なぜ、そのようなことをするのか、そういう働きを持つホルモンを分泌するのかといえば、生理時に経血を排出させやすくするために、骨盤を開きやすくするためです。

緩んだ関節で骨と骨をしっかりとつなぎとめるためには、筋肉や関節に通常以上に負荷がかかることになり、ストレスとなります。これが腰痛を引き起こしているのです。

 

他にも様々、腰痛の原因

生理痛の腰痛においては、その他にも様々な原因が考えられます。

まず、生理痛の最大の原因である「プロスタグランジン」の分泌量が高いことです。これは血管を収縮させる働きがあり、骨盤付近の血行を悪くします。

また、骨盤がゆがむことで骨盤付近の血行不良を悪化させ、うっ血を起こすことで腰痛の原因となります。血行不良の原因はその他にも様々に存在しており、女性であれば「冷え症」が有名です。

これに、上記の「リラキシン」による腰痛も合わされば、それなりの規模の腰痛となって私たちを襲うことになります。

腰痛と侮るなかれ。人によっては立っているのも無理があり、場合によっては救急車によって運ばれるような事態を引き起こすことだってあります。

腰痛の症状は生理痛の中では「腹痛」に次いで発症率の高い症状であり、約半数の女性が経験している症状でもあります。

 

手軽な対策は「テーピング」

腰痛対策としては数多くの方法が存在しますが、可能な限り自分で手軽に行える方法が好ましいです。

その中でも特にオススメなのが「テーピング」です。運動選手が使っているイメージの強いテーピングですが、骨盤を一周するように巻くことで骨盤のゆがみを正し、血行の改善と筋肉のサポートによって腰痛の改善に大きく貢献することになります。

ものさえあれば自分で手軽に行える方法であり、職場でも化粧室などで行える方法なので便利です。

もちろん、他にも腰痛対策は数多く存在しますから、自分に合った方法を選択するのが良いでしょう。

 

体を冷やせば腰痛も悪化する

腰痛を起こしている時に最もやってはいけないのが「体を冷やす」ことです。むやみに寒さに体をさらすのも、冷たい飲み物で体の内側を冷やすのもNGです。

血行を悪化させる原因となり、腰痛を悪化させます。食べ物や飲み物においては、単純に冷たいものだけでなく、中身も重要な意味を持ちます。

砂糖の多いものやカフェインを多く含む飲み物は体を冷やします。甘いものは女性のエネルギーなんて考える人は多いですが、早く腰痛を改善したいと思ったら少しは我慢しておきましょう。

ただ、甘いもの大好きな人にはストレスになってしまうかもしれませんね。ストレスも血行を悪化させる原因になりますから、これも対策をしておいたほうが良いですね。

 

まとめ

生理前に分泌される「リラキシン」と呼ばれる物質(ホルモン成分)は、関節を緩める効果があります。

これによって骨盤付近の筋肉や関節に負担が掛かり、腰痛の原因となります。

生理痛においてはプロスタグランジンの過剰分泌なども腰痛の原因となります。テーピングが手軽な対策だと言えます。体を冷やすと腰痛が悪化するので注意が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る