その生理痛、ひょっとしたら病気かも?

生理痛のひどさは、筆者にもよくわかります。

しかしながら、男性ならまだしも、同じく整理痛に悩まされている女性であっても生理痛の辛さを理解してくれないことも少なくありません。

というのも、生理痛のひどさは女性の中でも人それぞれであり、症状が軽い人、重い人がいるのです。

ただ、生理痛の症状が重い人は、何らかの病気を患っている可能性もあるのです。

 

月経困難症

月経痛(=生理痛)の症状がひどく、日常生活に支障をきたすレベルである場合、「月経困難症」を患っている可能性が高いです。

月経困難症は、生理痛の症状である「下腹部の痛み」「腰痛」などが、通常よりも重くなります。

重さの度合いに関しても人それぞれですが、日常生活を通常通りに送ることが困難になるレベルで、筆者の友人にもいましたが救急車で運ばれるようなレベルの症状を呈します。

月経困難症には「機能性月経困難症」と「器質性月経困難症」の2種類があります。

月経困難症を発症した人のうち、機能性月経困難症の方が割合が大きいです。

 

機能性月経困難症と器質性月経困難症の違い

両者の大きな違いは、生理痛の症状を重くしている原因の違いです。

機能性月経困難症は、生理痛の原因物質である「プロスタグランジン」の分泌量が多いことが原因です。妊娠しなかった場合に不要になった粘膜や経血の排出のために、血管を収縮させる働きのあるホルモンであるプロスタグランジンを分泌することで、子宮を収縮させているのが生理痛の正体です。

何らかの理由でプロスタグランジンが多く分泌されることで、それだけ支給の収縮が促され、痛みが大きくなるのが機能性月経困難症です。

それに対して器質性月経困難症は、生理痛を重くしている基礎疾患があるパターンで、機能性月経困難症に比べると発症割合が少ないのが特徴です。

しかし、月経困難症の基礎疾患となる病気には、放置しておくと厄介な病気が多いのも特徴です。なお、機能性月経困難症である場合にも、基礎疾患が影響していることもあります。

 

器質性月経困難症の基礎疾患

器質性月経困難症の基礎疾患となるのは、子宮の病気です。具体的な病名としては「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮腺筋症」が挙げられます。

この3種類に関しては生命の危機に発展することは少ないですが、専門の治療が必要であり、治療しない限り生理痛を悪化させ続けます。

また、子宮筋腫などの場合は妊娠や出産にも影響を及ぼしますので、早期の治療が望まれます。

問題は、器質性月経困難症の基礎疾患が「子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)」である場合です。

子宮がんに限らず、悪性腫瘍の治療は早期であるほど予後が良いので、可能な限り早期発見、早期治療が望まれます。

 

ひどい生理痛=病気であるという認識を持つ

ここで重要になるのは、ひどい生理痛が病気によるものである可能性が高いという認識を持つことです。

女性は生理痛を隠したがる傾向にありますが、中には耐えられないような生理痛を隠そうと必死になっている人もいます。

その心理としては「生理痛は女性であれば逃れられない」という認識から来ていますが、ひどい生理痛の場合は正しい治療を行えば症状が和らぐことが多いです。

また、医療機関の受診によって基礎疾患が早期に発見できるというメリットもありますので、生理痛がひどいと思ったら婦人科の受診をお勧めします。

 

まとめ

生理痛が重い場合、月経困難症を患っている可能性があります。月経困難症には2つの種類があり、「機能性」と「器質性」の2種類に分けられます。

機能性月経困難症はプロスタグランジンの分泌量が多いことが原因で、月経困難症の中で割合が大きいです。

器質性月経困難症は機能性月経困難症に比べると割合は少ないですが、基礎疾患の治療が必要になります。

妊娠に影響する「子宮筋腫」や、悪性腫瘍である「子宮がん」などがあるため、早期の治療が望まれます。

関連記事

ページ上部へ戻る