生理痛の原因「骨盤のゆがみ」

つらい生理痛、筆者にも経験があります。

しかも、人それぞれで症状の表れ方にも違いがあって、人によっては男性並みにしか生理痛の辛さを理解できていない人だっているのです。

そんな人は、しっかりと生理痛のメカニズムを学び、人によっては辛いものであると理解しておいてもらいたいです。

そこで今回は、「骨盤のゆがみ」が生理痛を悪化させるメカニズムについてまとめてみました。

 

骨盤のゆがみと生理痛の関係

骨盤がゆがんでいることと、生理痛の関係のポイントは、ズバリ「血行の悪化」です。

骨盤がゆがんでいることによって、骨盤付近の血行が悪くなってしまいます。そして、子宮は骨盤に位置しているため、骨盤のゆがみによる血行不良は子宮にも影響します。

子宮の血行が悪くなることで、経血の排出がうまくいかなくなります。

そうなると、子宮をさらに収縮させるために「プロスタグランジン」というホルモンをさらに分泌させて、子宮をより収縮させようとします。

生理痛の際の下腹部の激しい痛みの原因は、プロスタグランジンの分泌による子宮の収縮によるものであり、これがより収縮されることによって生理痛の痛みを増大します。

 

併発すると厄介な症状

骨盤のゆがみが生理痛を悪化させる原因として「血行の悪化」ということを説明しました。

そのため、血行をさらに悪化させるような症状を患っていると、骨盤のゆがみによる生理痛の悪化を、さらに悪化させてしまう可能性が高いです。

その中でも、特に女性に多い問題としては「冷え」が挙げられます。特に下半身の冷えによる血行不良は、子宮にもかなりの影響を及ぼしてしまいます。

女性は男性に比べて筋肉量が少ない傾向にあり、それによって基礎代謝の面において男性よりも冷え性を患いやすいです。

また、日頃から食生活のバランスが乱れている人ほど冷えを悪化させやすい傾向にあります。

次に挙げられるのが「ストレス」です。ストレスが溜まることで自律神経が乱れ、血行は悪くなってしまいます。

しかも、女性の場合は生理痛によるストレスもあり、その際のトラブルが原因で継続的にストレスになることも少なくありません。

その他にも、血液がドロドロだったり、代謝が悪かったりして血行が悪くなると、骨盤のゆがみによる生理痛の悪化はさらにひどくなります。

 

骨盤のゆがみを解消する方法

骨盤のゆがみは、矯正することができます。自宅で簡単にできる方法としては「骨盤体操」が有名ですね。

最近では動画投稿サイトでも骨盤体操の様子がアップロードされていることも多く、誰にでもできるという点が評価されています。

それでも治らない場合には「整体」を利用することが必要かもしれません。整体師であれば骨盤のゆがみを正確に把握し、それを適正な位置に戻すための適切な処置を施してくれることでしょう。

ただし、保険が利用できないことが多いため、多少なりとコストがかかることは覚悟しておかなければなりません。

その他にも血行を悪化させている原因があるのであれば、それを並行して取り除くことも重要です。

 

まとめ

骨盤のゆがみによって腰周りの血行が悪くなり、子宮の血行が悪くなることで経血の排出が困難になります。

そのため、経血の排出のために多くのプロスタグランジンが分泌されるようになり、子宮が収縮する分だけ生理痛もひどくなります。

「冷え性」や「ストレス」といった、血行不良を招く症状を患っていると悪化する傾向にあります。

骨盤体操や整体によって骨盤のゆがみを正すことで症状を和らげることができます。

同時に、血行不良の原因を解消することで生理痛の症状を大幅に改善できる可能性が高いです。

関連記事

ページ上部へ戻る