生理痛の原因「生理前症候群」

女性特有の症状「生理痛」は、人によって症状やその重さは違ってきます。

そのためか、同じ女性でも生理痛への認識は異なり、いらぬ誤解を与えてしまうことも少なくありません。

自分が経験したことがない症状でも、人によっては来る住められているということは理解しておきたいものです。

今回は、「生理前症候群」について解説していきます。

 

生理前症候群とは?

「生理前症候群」とは、生理前に起こる不快症状の総称です。一般的には「PMS(プリ・メンストラル・シンドローム)」という名称で知られています。

生理が始まる1週間前後ほど前に発症し、精神の乱れや体の痛みなどを発します。

一般的な生理痛が「プロスタグランジン」の分泌による「子宮の収縮」が原因であるのに対して、生理前症候群は「排卵後の女性ホルモンの急激な変化」が関係していると言われていますが、まだ正確なことは分かっていません。

ちなみに、私も時折ですが、生理前に妙にイライラすることがあります。

実際、生理前症候群の症状を一度も感じたことがないという人は、女性全体の1割ほどしかないと言われています。

 

どのような症状が起こるか

生理前症候群の最たる症状としては「イライラ」が挙げられ、生理前症候群に悩む女性の6割以上が感じている症状です。

次に多い症状は「胸が張る」「腹痛」「眠気」です。その他にも「憂鬱」「肌荒れ」「頭痛」「食欲の増進」「集中力の低下」「むくみ」「攻撃的な性格になる」といったように、実際の痛みだけでなく精神的な症状やその他の症状として現れます。

これを見るだけでも分かりますが、生理前症候群は人によって感じ方が異なります。

その理由は、生理前症候群の発症原因が女性ホルモンの急激な変化であるとされていることと深く関係します。

私たちはそれぞれの生活によって様々な「ストレス」と戦うこととなります。人によってストレスを溜めている人、うまく発散できている人、そもそもにストレスを感じない人と、人それぞれにストレス環境が大きく異なります。

そして、ストレスを溜めている人ほど生理前症候群は悪化しやすい傾向にあります。

その理由は、ストレスを溜めることで自律神経のバランスが崩れ、ホルモンバランスを大きく乱すことになるからです。

それによって生理前の女性ホルモンのバランスも大きく崩すことになり、生理前症候群の症状を悪化させる原因となるのです。

 

生理前症候群の有効な対策とは

生理前症候群の最も有効な「ストレスの緩和」です。詳しいメカニズムについては解明されていないものの、生理前症候群が女性ホルモンと密接な関係を持っていることは間違いないでしょう。

そして、ホルモンバランスはストレスの影響を受けやすく、ストレスを溜めないことで生理前症候群の症状を緩和することができます。

生理前症候群の根本的な解決というよりは、「生理前症候群を悪化させない」ということに重点を置いています。

しかしながら、生理前症候群の症状によってストレスを溜めて、生理前症候群の症状をさらに悪化させる可能性を考えると、ストレスをいかに溜めない、発散させられるかは極めて重要な意味を持ちます。また、発症した症状に対してはその都度に対症療法を以てして、症状の悪化を防ぎましょう。

その場で楽になるだけでなく、症状の悪化によるストレスとそれによる生理前症候群の悪化を防ぐという意味合いも持ちます。

 

まとめ

生理前症候群は一般的に「PMS」と呼ばれる症状で、排卵による女性ホルモンの変化が原因であるとされています。

主に「イライラ」「腹痛」「胸の張り」といった症状を呈し、人によって症状と重さが異なります。

ストレスを溜めないことで生理前症候群の症状を和らげることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る