生理痛の原因「ストレス」

生理痛には、実は様々な原因が考えられます。

それらが重なることで、生理痛はさらに悪化してしまいます。中には対策できるものとできないものがありますが、できることなら対策して少しでも生理痛の痛みを軽減したいと思いませんか?

今回はその中でも特に厄介な「ストレス」について考察していきます。

 

ストレスによるホルモンバランスの悪化

ストレスは様々な方向から生理痛を悪化させます。

その最大のポイントは「ホルモンバランスの乱れ」です。慢性的にストレスが溜まることで、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

子宮は生殖器である以上、性ホルモンの影響を強く受けてしまいます。

ホルモンバランスが乱れることによって、生理痛の発生原因である子宮にも少なからず影響が及び、その結果として生理痛を悪化させてしまうのです。

 

ストレスがもたらす弊害

ストレスが溜まることは、ホルモンバランスの乱れ以外にもいくつかの弊害によって生理痛を悪化させる原因となります。

例えば、ストレスが溜まることで血行が悪くなります。

生理痛においては「プロスタグランジン」の分泌によって血管が収縮し、特に腰周りの血流が滞って腰痛の原因となります。

そこに、ストレスによる結構の悪化が加われば、腰痛など血流が滞ることによる生理痛の症状は悪化します。

また、月経前は「黄体ホルモン」によってイライラします。ストレスによってイライラは加速し、不必要な八つ当たりなどを引き起こしてしまうことでしょう。

私の知り合いにも、生理痛のイライラが原因で彼氏と大喧嘩し、分かれてしまったという話を聞いたことがあります。

その他、ストレスによる全身の各症状が原因で、生理痛の症状は悪化したり、相乗効果をもたらしたりします。「ストレスは万病の元」と言いますが、下腹部の痛み以外にも様々な症状がある生理痛とは特に相性が悪いと言えます。

 

「急に生理痛が悪化した」という人はストレスが原因かも?

みなさんの周りにも、「今まで、生理痛はほとんど辛さを感じなかったのに、最近になって急に生理痛がひどくなった」という人はいませんでしょうか?

もし、あなた自身もしくは身近なひとで、急に生理痛がひどくなったという人がいたら、それはストレスが原因である可能性が高いです。

特に、住所や職場などといった生活環境がガラっと変わった人で、生理痛が悪化したタイミングと一致した場合は、ほぼ確実にストレスが原因であると断言できます。

また、ストレスが溜まるというのは、意外と自分自身は自覚していないことが多いです。

その結果、ストレスが溜まる⇒生理痛が悪化する⇒生理痛の悪化によってストレスが溜まるという悪循環を生み出してしまいます。

 

ストレスを解消する

これを改善するためには、ストレスを解消するのが一番です。

方法にもいろいろありますが、まずはストレスの原因となっているものを排除することです。それができないのであれば、少しでもストレスを緩和する手段を講じることです。

リラックスできるアロマオイルを使ったり、好きなスポーツで汗を流すのも良いでしょう。

栄養で言えば、精神の安定を図るカルシウムや、ストレスで消費されるビタミンCを積極的に摂取することが望ましいです。

ともかく、何かしらの対策を講じなければストレスは解消されません、しかし、逆に考えれば他の原因に比べると自分で対策を講じやすいという側面もあります。

少し工夫をするだけで、あるいは生理痛を一気に軽減することができるかもしれません。

 

まとめ

ストレスはホルモンバランスを崩すだけでなく、結構の悪化など様々な点から生理痛を悪化させてしまいます。

急に生理痛がひどくなった場合、ストレスが原因である可能性が高いです。

その場合、積極的にストレス解消に乗り出すことで生理痛を解消することができます。

関連記事

ページ上部へ戻る