酷い生理痛にはタイプがある?

女性であれば誰でも経験する「生理痛」、中には日常生活を脅かすレベルの症状を呈するような人もいます。

そんな生理痛ですが、実は原因は一つでも、それを左右する状況や状態によって、生理痛の酷さが大きく変化する可能性があるのです。

そこで今回は、生理痛の「タイプ」について解説していこうかと思います。

 

月経困難症とそのタイプ

生理痛が発生する原因は全ての女性で共通です。

不要になった経血を排出するためにプロスタグランジンが分泌され、子宮が収縮することに因る下腹部痛と、それに伴う諸症状が生理痛です。

人によって発症する症状とそのレベルについては異なります。原因が同じであってもその程度が異なるというのは、個人差で片付けるには些か問題があります。

生理痛が酷い場合「月経困難症」の可能性を疑ってみる必要があります。しかし、この月経困難症には2つのタイプが有り、人によって異なります。

 

器質性月経困難症

月経困難症の種類としてまず挙げられるのが「器質性月経困難症」です。

器質性月経困難症は、ある基礎疾患によって生理痛が重くなる病気です。20代後半から年齢にともなって発症リスクが高くなります。

器質性月経困難症の基礎疾患となる病気は、「子宮内膜症」や「子宮筋腫」といった、子宮に関する病気が多いです。

生理痛の症状が生理から3日を過ぎても継続し、また生理に関係なく痛みが生じることも多いのが特徴です。基礎疾患を治療することで快方に向かいますが、自然に回復することは殆どないため病院での治療が必要になります(閉経にともなって自然治癒することもありますが、年齢によってはかなりの時間を必要とします)。

 

機能性月経困難症

機能性月経困難症は、器質性月経困難症と異なり基礎疾患の存在しない月経困難症です。

器質性月経困難症と異なる点として他には、多く見られる世代が思春期から20代前半という違いもあります。基礎となる病気が存在しないため、病気に依存しない体の状態や、生活習慣の中に原因があります。

考えられる原因としては、

  • 「子宮を収縮させるプロスタグランジンが多い」
  • 「子宮や卵巣の発達が不完全」
  • 「生活習慣に伴うストレスや冷え」

といった内容が考えられます。

複数の原因が重なったり、一つの原因でもその程度が異なるので、人によってはかなり生理痛が重くなることも考えられます。

 

機能性月経困難症の治療方法

器質性月経困難症のように基礎疾患がはっきりとしていないため、病気の治療よりも月経困難症による痛みを軽減することが基本となります。

医療的な治療法としては、薬物療法が基本となります。痛みを軽減する鎮痛剤を用いるほか、低用量ピル(女性ホルモンを配合した薬)によって排卵を抑えることによる鎮痛も有効です。

また、生理痛緩和のための漢方薬もあります。日常生活の中で行える対策としては、体を温めて血行を改善することが有効です。

入浴やカイロによって温熱療法を用いる方法や、運動や体操によって血行を改善することが有効ですが、生理痛の症状が重い場合には体を動かすことが辛いことも多いと思われますので、無理せずに体を温めることを優先しましょう。

また、生活の中にストレスの原因が隠されている場合、そのストレスの源を取り除いたり、ストレスを発散することも必要になります。

 

月経困難症に対して有効な対処法

どちらのタイプであっても、放置して快方に向かう可能性というのは極めて少ないと考えられます。

そのため、生理痛がひどくなったと感じた場合には、速やかに対処を行うことが必要になります。正確に原因を特定することで、有効な治療法を早めに取り入れることが可能になります。

また、器質性月経困難症の場合は基礎疾患の早期治療が可能になり、多くの場合で予後の安定と治療法の簡易さがメリットとなります。

関連記事

ページ上部へ戻る