生理痛の原因「プロスタグランジンの過剰分泌」

女性であれば逃れられない痛みである「生理痛」、なぜ女性にだけこのような仕打ちが待っているのでしょうか?

痛みから逃れられないのであれば、せめて仕組みだけでも知りたい、という人のために、生理痛の原因についていろいろと調べてみることにしました。

今回はその中でも「プロスタグランジン」について解説していきます。

 

プロスタグランジンと生理痛の関係性

女性が妊娠しなかった場合、粘膜や経血が不要になります。

不要になる以上、それらは体外に排出する必要があります。そのために、子宮内膜は「プロスタグランジン」というホルモンを分泌します。

分泌されたプロスタグランジンは、子宮を収縮させることで女性にとって不要となった粘膜や経血を体外に押し出すのです。

この時の子宮の収縮が、生理痛の原因となるのです。また、陣痛の痛みも、このプロスタグランジンの分泌が原因となっています。

 

プロスタグランジンの分泌量は人それぞれ

子宮を収縮させて粘膜や経血を排出させると同時に、子宮の収縮によって痛みを発生させてしまうプロスタグランジンは、人によって分泌量が異なるのです。

プロスタグランジンが多く分泌されるほど、子宮の収縮は激しくなり、それだけ生理痛もひどくなります。

筆者も経験があるのですが、生理痛の辛さは男性だけでなく、同じ女性でも理解してくれないことがあるのです。

生理痛のない男性なら生理痛の辛さが分からないのも理解できます。

しかし、同じく生理痛に苦しめられているはずの女性にまで、「生理痛なんて、そんなに辛くないでしょ」なんて言われることも少なくないのです。

おかげで、仕事中に生理痛に襲われた時も同僚の女性に「生理痛なんてたいしたことないでしょ、サボろうとしないでよ!」なんて言われたことがあります。

これは、人それぞれでプロスタグランジンの分泌量が異なることが原因なんです。

つまり、生理痛がひどい女性はプロスタグランジンが多く分泌され、生理痛にそこまで悩まされていない女性はプロスタグランジンがあまり分泌されていないのです。

実際にネットの質問掲示板などを利用・閲覧してもらえれば分かると思いますが、女性でも生理痛の辛さについてはかなり意見が分かれているんです。

 

プロスタグランジンによって引き起こされる主な症状

プロスタグランジンは子宮を収縮させることによって下腹部に激しい痛みをもたらします。

痛みは子宮の収縮の度合いによって異なり、プロスタグランジンが多く分泌される人ほど痛みは激しくなる傾向にあります。

また、プロスタグランジンには「血管を収縮させる」という働きもあり、これによって腰痛やだるさを覚える人もいます。

血管の収縮によって血流が悪くなり、特に元から冷え性を患っている人の場合はそれが悪化します。

さらに、胃腸の働きにも少なからず影響を及ぼすため。吐き気や下痢といった消化器の症状も発症します。

 

まとめ

プロスタグランジンは、妊娠しなかったことによって不要になった子宮の粘膜や経血の排出のために、子宮を収縮させるために子宮内膜が分泌するホルモンです。

これによって子宮が収縮することが生理痛の原因の一つであり、陣痛の痛みの原因でもあります。

プロスタグランジンの分泌量は人それぞれであり、プロスタグランジンの分泌量が多いほど子宮の収縮も激しくなります。

それに伴って痛みも変わるため、同じ女性であっても生理痛の痛みやその認識が異なる原因となります。

プロスタグランジンの分泌による子宮収縮を原因とした下腹部の激しい痛みの他にも、血管収縮による腰痛や倦怠感、冷えの悪化、胃腸機能への影響による吐き気や下痢といった症状をもたらします。

関連記事

ページ上部へ戻る