ストレスが原因乱れた自律神経は運動で発散!

ストレスが溜まることは、自律神経を乱して血行を悪化させ、生理痛を悪化させることは既にご存知かと思います。

しかしながら、現代社会ではストレスは溜まりやすくなっており、発散する手段と時間が限られてしまいます。

そんな中で、ストレスを発散する方法としては「運動」することが最も効果的なのです。

 

運動が身体的に及ぼす効果

まず、運動においては脳内の神経伝達物質のバランスを整える効果が期待できます。

「三大脳内神経伝達物質」とも呼ばれる「ノルアドレナリン」「セロトニン」「ドーパミン」は、特にセロトニンが不足してしまうと鬱になる傾向が強く、ストレスに弱い体になってしまいます。

そんな脳内物質を、運動することでバランスを整える効果が期待できるのです。ちなみにこの働きは「抗うつ薬」と似たような働きなのですが、医薬品と違って副作用の心配がありません。

それに加えて、運動は「ダイエット」にも効果的です。誰しも痩せることができれば嬉しいものです。

しかも、運動することでダイエットに成功、つまり減量効果を積み重ねることができれば、「結果が出た」ということでストレス発散に効果的です。

 

運動が精神的に及ぼす効果

運動をするということは、自然と外に出向く機会が増えるということになります。

室内の空気より、外の空気のほうが基本的に良いものでしょう。工場地帯とか特殊な環境では室外の空気も良いものとは言えないかもしれませんが、その場合でも少し遠出すれば空気の良い場所まで出られるでしょう。

新鮮な空気を吸い、心ゆくまで体を動かすことはリフレッシュ効果が強く、ストレスの発散に極めて大きな効果を発揮します。体を動かすことで悩むことに気を回す暇が無くなり、悩み続けることによるストレスの蓄積を回避できます。

また、「運動をしている」というだけで一定の達成感を得ることができ、これも鬱屈した精神状態を解消するのに効果が期待できます。

また、運動の際に仲間を作ることも、ストレスの発散には効果的です。

 

どのような運動が効果的なのか

では、どのような運動が良いのかといえば、やはり「有酸素運動」です。詳しいメカニズムは解明されていませんが、無酸素運動よりも有酸素運動のほうがストレスの発散に効果的であるとされています。

また、有酸素運動という「一定時間続けやすい」という運動によって、1回の運動を長時間続けることが可能になります。これによって「ランナーズハイ」の効果が発生し、気分が高揚します。

これもまたストレスの発散に効果的なのです。ちなみに、ランナーズハイ効果は複数の仲間と同時に運動することでさらに発生しやすくなります。

有酸素運動なので自然と室外での運動になると思いますが、室外での運動のほうが前の項で説明した「精神的」な理由によってストレス発散の効果も高いです。

 

運動する時間がない人は?

しかしながら、少ない休日を運動に費やすこともできないという人も少なくありません。

そんな人の場合、「いかに仕事を含めた日常生活で運動ができるか」という点にスポットを当てる必要があります。例えば、通勤で可能な限り歩くことです。

電車通勤なら、早めに家を出て1駅分歩く、自動車通勤なら会社でエレベーターを使わずに階段を使う。近所の買い物では車を使わずに徒歩や自転車で買い物に行くといった、日常的な行動の移動手段を、可能な限り機械の力に頼らないことです。

また、こうした運動は本格的な運動に比べると運動による効果は少ないと思われますが、代わりに「毎日継続できる」というメリットがあります。

体を動かす習慣が身につけば、体力のトレーニングにも最適です。体力低下に伴う精神的な落ち込みを解消することもできるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る