女性ホルモンのエストロゲンを補給する方法

50歳前後になると急に女性ホルモンの分泌が減少し始めて、閉経とともにエストロゲンの分泌は大幅に減少します。

これによる諸症状を「更年期障害」と呼び、自律神経を乱して生理痛を悪化させます(閉経後は生理は来ませんが)。

エストロゲンが減少し、その分泌能力も低下している以上、エストロゲンを別の方法で補給する必要があります。そこで、エストロゲンを補給する方法について調べてみました。

 

大豆イソフラボンを摂取

まず、最も手軽かつ副作用のない方法から解説していきます。その方法とは、「大豆を食べる」ことです。

大豆には「大豆イソフラボン」という栄養が豊富に含まれています。この成分は「植物エストロゲン」と呼ばれる栄養の一種で、文字通り植物に含まれる成分の中で、エストロゲンと似たような働きをする成分のことです。

大豆イソフラボン以外にも植物エストロゲンを含む食材はありますが、その中でも特に手軽なのが大豆なのです。ただ、大豆そのものでなくとも、大豆から作られた「納豆」などの食品でも十分に効果的です。

大豆や大豆製品は安価で購入できる食材であり、単品でもおかずの一品として役立つため食生活に導入しやすいです。加工品は保存があまり効かないというデメリットが有りますが、こまめに買い物に行く場合であればそこまでのデメリットにはなりません。

毎日の食事に大豆製品を使ったおかずを取り入れることで、手軽に大豆イソフラボンを摂取することができます。

大豆イソフラボンはエストロゲンに比べるとその能力は小さいのですが、不足したエストロゲンを補うものとしては十分な能力であるといえます。

 

サプリメントで補給

女性ホルモンそのものを摂取できる方法については、医師の処方がなければ利用することができません。

海外からの輸入という方法もありますが、服用するにあたって個人の体質にあっているかどうかのリスクが付きまといます。そこで、「プラセンタ」のサプリメントが有効なのです。

プラセンタは動物の胎盤を原料としており、エストロゲンそのものではありませんが、「ホルモンバランスを整える」という効果が期待できます。

プラセンタのサプリメントは大手の通販サイトなら大抵取り扱っているほどなので入手も容易で安価で販売されていることが多いです。

プラセンタは人間の胎盤を原料とした注射もありますが、まずはサプリメントを利用してみると良いでしょう。

 

ホルモン剤で補給

上記の方法で改善の見込みが無い場合には、本格的に治療を行う必要があります。

その場合、先程も少し触れた「女性ホルモン剤」を利用することになります。ホルモン剤は医師の処方がなければ入手することができません。

なので、まずは病院で診てもらうことになります。効果の大きさについては、上記の方法に比べて極めて大きいと言えます。ただし、その分だけ副作用もそれなりです。

女性ホルモンが急激に上昇することで、「子宮がん」や「乳がん」といった病気のリスクが発生します。もちろん、ホルモン補充療法を選択したからといって常にこうした病気になるというわけではありませんが、リスクの一つとして考えておかなければなりません。

 

どの方法が最も優れているのか?

優れた方法としては、やはりホルモン補充療法が最も効果的です。これは医療行為であり、上記の2つの方法に比べて最も専門的です。

しかし、だからといって全ての更年期女性がホルモン剤を必要とするかといえば、その限りではありません。結局は体内での出来事であり、人それぞれに程度の違いがあります。

なので、ホルモン剤を必要とするほどではないという人であれば、イソフラボンやプラセンタでも十分に症状の緩和に寄与してくれるでしょう。病院の介在も必要ありませんので手軽です。

逆に、ホルモン剤でなければ回復の見込みが無い重度の症状の人もいます。自分に合った方法がどれなのかを見極めることが必要なのです。

関連記事

ページ上部へ戻る