生理痛をやわらげるストレッチ

生理痛は、女性であれば誰でも体験する症状です。だからといって、何も対策すること無く生理痛の症状を諦めている人はいませんか?

生理痛の症状は、様々な方法でその辛さを緩和することができるのです。

そこで今回は、生理痛を緩和するための「ストレッチ」について紹介していこうかと思います。

 

骨盤のストレッチ

まず、生理痛は子宮の収縮とそれに伴う血行の悪化が原因となって様々な症状を引き起こします。

なので、下腹部付近の血行を改善することが生理痛の改善に最も効果的なのです。そこで登場するのが、「骨盤」を基本としたストレッチです。

具体的な方法としては、腰に手を当て、足を肩幅に開き、腰を回す運動を行います。いわゆる「骨盤体操」という運動です。メリットとしては、腰回りの血行を改善することで、生理痛の症状を大きくやわらげる効果が期待できます。

また、立って行うストレッチであり、かつ特別な器具を用いないので、どこでも行えるということです。特に仕事中でもちょっと休憩がてら行えるという点において、使い勝手の良いストレッチであると言えます。

また、運動量も少なく、特に技量も求められていないため、誰でも始められるというメリットもあります。とにかく使い勝手がよく、効果も高いので是非とも始めてもらいたいストレッチです。

 

膝のストレッチ

生理痛においては腰の血行が悪くなるので、下半身の血行も悪くなります。足のむくみも、これが原因で起こります。

それを解消する方法として、膝のストレッチが効果的です。まず、仰向けに寝転がり、膝を胸に近づけるようにします。これを数回繰り返すことで、膝のストレッチになります。

また、膝を胸に近づけた状態を維持することで、子宮の収縮を抑える姿勢を完成させることができます。

寝転がる必要があるので外出時には無理なストレッチなのですが、寝転がりながらできるストレッチであることを活かし、朝起きた時のストレッチとして最適です。適度に体を動かすことになり、目覚めを良くする効果も期待できます。

 

足首のストレッチ

生理痛では下半身の血行不良を招き、冷えをもたらします。冷えは特に末端部で発生しやすいので、足の血行を良くすることは生理痛による冷えの解消に効果的です。

まず、椅子に腰掛けて膝を伸ばします。横から見るとアルファベットの「L」の字になっている状態です。その状態だと、通常はつま先は天井に向いています。

その状態から、つま先を前方に伸ばすようにします。つまり、足の甲を伸ばすような感じです。それを数回繰り返します。

座りながらできるストレッチなので、仕事の休憩中でもできますし、体力がない時でも行えるストレッチです。

 

体を伸ばすストレッチ

このストレッチは、真っすぐ立って、つま先で立って腕を上方向へ伸ばすストレッチです。

立っているのが辛い時には、座った状態で腕と足を伸ばすだけでも同様の効果が得られます。起き上がることもできない場合、仰向けに寝転んだ状態で腕を頭が向いている方向に伸ばすだけでも多少の効果は得られます。

場面によって使い分けることができるので、使い勝手の良いストレッチであると言えます。

 

まとめ

ストレッチは、お金をかけること無く、運動ほど体力を消耗するような動きではないので、手軽に導入することができる生理痛対策として評価することができます。

ただし、本格的な運動ほど体力を消耗しないとはいえ、それなりに体力を使うことにはなるので、披露している時に無理にストレッチを行うことは禁物です。

あくまでも体力がある時に行いましょう。上手く利用すれば、手間もお金もかけることなく生理痛の症状を大幅に改善することができるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る