生理痛をやわらげる飲み物

生理痛をやわらげるためには、様々な試みがなされ、実用化されて多くの女性が実践しています。

なにもしない時に比べて、生理痛の辛さを緩和する効果の高さに驚くことになるでしょう。

生理痛そのものは避けられませんが、その辛さを緩和することはできるのです。そこで今回は、生理痛をやわらげるための「飲み物」を紹介します。

 

ハーブティー

194_1

生理痛をやわらげる飲み物として、生理痛の強い味方と知られているハーブティーを無視することはできません。

体を温めて、血行を促進することで生理痛を緩和することができます。また、ハーブティーの独特の香りは、生理のストレスを緩和することもできます。

具体的な体験談の記事:生理痛がひどくて夜に眠れなくない場合はハーブティー!

茶葉を使用しないハーブティーには、生理痛の天敵である「カフェイン」が含まれていません。午後のひとときをハーブティーで過ごす、なんとも優雅なひとときを演出してくれることでしょう。

ハーブティーにも様々な種類があり、それぞれに効能は異なります。生理痛の際に役立つハーブの種類は、胃腸の働きを助ける「カモミール」、体を温める「ジンジャー」、ビタミンCと利尿作用のある「ローズヒップ」あたりがお勧めです。

 

ココア

194_2

温かいココアは、生理痛を緩和させるのに効果的な飲み物です。ココアにはマグネシウムが含まれており、これが自律神経を整えて血行を促進する効果があります。

また、ココアは甘い飲み物であり、甘いモノ好きな女性にとっては大きなストレス緩和効果が期待できいます。ただし、ココアには「カフェイン」が含まれており、これが体を冷やして生理痛を悪化させる原因となる可能性があります。

しかしながら、コーヒーに比べるとカフェインの含有量は約10分の1と少ないので、飲み過ぎなければ問題無いでしょう。

あと、お砂糖の入れ過ぎは厳禁です。砂糖にも体を冷やす効果があるので、甘みが足りない時はハチミツを入れると良いでしょう。

 

野菜スープ

194_3

飲み物ということで、野菜スープも含んでみました。生理痛に苦しんでいるときは、食欲も低下しがちになってしまいます。

しかし、栄養不足は体を冷やし、生理痛を悪化させる原因となってしまいます。そこで、食欲が無い時にでも栄養を補給することができるように、野菜をすりつぶし、食べやすく加工した野菜スープがお勧めです。

また、ベースとなる材料に「豆乳」を用いると、大豆イソフラボンとタンパク質によって生理痛をより緩和させる効果が期待できます。

 

豆乳

194_5

「生理痛をやわらげる食べ物」の「大豆」の項目でも紹介しましたが、大豆イソフラボンとタンパク質が豊富な大豆および大豆製品は生理痛の症状をやわらげるのに適した食べ物です。

その大豆から作られた豆乳もまた、生理痛をやわらげるのに最適な飲み物です。しかし、豆乳はその独特の風味が苦手だという人は少なくありません。

そこで、先程も紹介しましたが野菜スープのベースに使ったり、ココアと混ぜたりといったように、他の食べ物や飲み物と混ぜてアレンジすることで、飲みやすくなるかと思います。

どんな食べ物や飲み物と相性が良いのか、混ぜたらどんな味になるのか、調べてみるのも楽しいものです。

 

まとめ

生理痛をやわらげることができる飲み物の利点としては、何よりも「摂取しやすい」という特徴が挙げられます。

生理痛の際には食欲が低下してしまい、生理痛に良いと分かっている食べ物もなかなか喉を通りません。

しかし、液状になっている飲み物は、食欲が無い時でも喉を通すことができます。また、普通の食事に比べて時間を選ばないため、飲みタイミングを図ることも必要ありません。

このように、飲み物は導入させやすいという大きなメリットがあります。どれも生理痛の時以外にも大きな働きをしてくれるので、積極的に食生活に取り入れたいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る