生理痛をやわらげる姿勢

生理痛はどんな女性にも必ずやってくる症状です。回避することはできませんが、その症状を抑える方法なら様々な方法が考案されています。

さて、その中でも「姿勢」が生理痛緩和に効果的であることは、なかなかイメージ出来ないのではないでしょうか?

姿勢を変えるだけで生理痛を緩和できる、そんな夢の様な姿勢について紹介します。

 

ダルマ・胎児のポーズ

学校で体育の時間にやっていた、いわゆる「体育座り」は、膝を上に向けて足を曲げ、横から見るとアルファベットの「N」のような姿勢になる座り方です。

その姿勢のまま背中を地面につける格好が、ダルマのポーズや胎児のポーズと呼ばれる姿勢です。実際には仰向けに寝転んだまま膝を曲げ、膝を腕で抱えるようにして1分間その姿勢を維持します。

この姿勢は、生理痛の原因である「子宮の収縮」を抑えることができます。

また、この姿勢は寝転んだままでもできるので、朝起きて生理痛が辛くて起き上がれない時にもできる姿勢なので便利です。

 

練るときはうつ伏せが理想的

練る時の姿勢も生理痛には重要です。生理痛は子宮が収縮し、腹痛の症状を呈することが多いです。

そのため、腹部を圧迫することになるうつ伏せよりも仰向けのほうが良いと思われるかもしれませんが、実はうつ伏せのほうが生理痛の緩和には理想的なのです。

うつ伏せになることで適度なマッサージ効果があり、お腹を温めることができます。

ご自分の体重程度の圧力ですと、そこまで過剰な圧迫にはならないのでご安心ください。特に意識すること無く、生理痛の症状を緩和することができます。

 

猫背はNG!

絶対にやってはいけないのは、「猫背」です。猫背は血行を悪化させるので、生理痛の症状を悪化させてしまいます。

特にデスクワークのように座っている時間が長い人は、つい猫背になりがちです。実際、生理痛に悩む人には猫絵の人が多いというデータが有ります。

その予防法としては、仰向けで寝る場合に「尾てい骨にタオルを挟む」ことで改善することができます。

 

楽な姿勢を見つける

とは言え、最終的には「自分にとって楽な姿勢」を見つけることが重要です。

上記で紹介した姿勢はほんの一例であり、他にも各人にとって生理痛の症状を緩和することができる姿勢は存在するはずです。逆に言えば、上記で紹介した姿勢によって、逆に生理痛の症状が悪化したりすることも、可能性としては十分に考えられます。

上記の方法は理論上、一般的に生理痛を緩和できるというだけであり、体の状態などを考慮すると逆効果である可能性も否めません。

しかし、それは各人との相性の問題であり、上記の方法が根本的に間違っているということではありません。上記の方法を試す中で、同様の効果やそれ以上の効果を得られる姿勢を探すことができれば、生理痛の辛さをより緩和することができます。

特に、紹介した方法は「寝転がっている」ということが前提の方法なので、自宅以外ではまず実行できないでしょう。

なので、立ったままや座ったままでも行える方法を中心に、自分に合った姿勢を探すことが効果的です。

 

まとめ

姿勢による生理痛緩和は、食べ物や飲み物と違ってお金がかからず、好き嫌いも存在しません。

基本的に誰にでも行えることであり、人を選ばないという使い勝手の良さを評価することができます。そして、慣れていけば意識することなく自然にその姿勢を取ることができ、日常的に生理痛緩和を行うことができます。

また、どの姿勢も基本的に辛いものではなく、ダイエット時の運動のように長続きさせることが難しい、という心配もいりません。

積極的に生活の中に取り入れ、自然にその姿勢を取れるようになれば、生理痛の辛さを大幅に改善できるかと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る