徐々に生理痛が悪化し社会人になってひどくなった事例

人は、一度経験したことに対して大きなアドバンテージを持つことになります。

例えば、ある行動が痛みを伴うものである場合、以後はその痛みに対して把握でき、場合によっては痛みを回避することもできます。

しかしながら、それは「対象となる行為が、常に一定であること」が前提となるのです。

 

生理痛は辛くなかった

その女性は、その日まで生理痛で苦しめられたことはなかったのです。彼女の友人には生理痛で病院に運ばれたことがある人もいたため、生理痛の症状は人によって大きく異なるということは理解していました。

しかし、自分には無関係だと考えていたようです。確かに、自分が痛みを感じない以上、他人事だと考えてもおかしくはないでしょう。

ちなみに、生理痛で苦しんでいる人を放っておくような人ではないですよ。

 

社会人になって生理痛がひどくなった

そんな彼女も社会人となり、社会の荒波に揉まれることになります。彼女の仕事は営業職

であり、職場の上司や取引先など、人間関係に悩まされることになります。

そんな彼女は、日に日に生理痛が重くなっていくのを感じたそうです。それも気のせいかと思いながら、彼女は毎日働いてきました。

そんなある日、仕事中に急に激しい腹痛に襲われることになります。彼女はそれを「生理痛である」と、最初は認識できなかった様です。幸い、すぐに休憩時間となったため、彼女は会社の休憩室で横になることにしました。

痛みは徐々に引いていきましたが、最初はこれが何による腹痛なのか分からずに困惑したそうです。

そこに、懇意にしていた先輩社員が入ってきます。彼女の体調不良を聞いて、気になって見舞いに来てくれたようです。

彼女は、その女性先輩社員に自身の腹痛について話をすることにしました。話を聞くうちに先輩社員は、それが生理痛によるものであると看破しました。

彼女は、ここまでひどいものではなかったと、その意見を否定しましたが、その先輩社員も経験があったようで、生理痛は悪化することもあると彼女を諭しました。彼女は、それなりにショックを受けていたようです。

 

やっと対策をする気になった

そこで彼女は、休日を利用して生理痛についてインターネットを使って調べることにしました。

そこで彼女が知ったことは、「生理痛は生活習慣によって悪化する可能性がある」「生理痛は対策をする必要がある」ということでした。

そこで彼女はまず、体を温めることと、リラックスすることに重点を置いて、独自に対策をすることにしました。その結果、生理痛の症状は以前に比べて大幅に改善されました。

むしろ、生理痛がひどくなる前よりも軽くなったとすら感じるようになったそうです。ちなみに、彼女は今まで特に生理痛対策はしてこなかったようです。これは珍しいことではなく、女性の半数近くは生理痛に対して特別に対策を講じることはないというアンケート結果が出ています。

そんな彼女も、それ以降はきちんと対策するようになったそうです。今では独自に生理痛対策を考え、それをブログに掲載することをひとつの楽しみにしているようです。

 

重要なポイント

ここで重要になるポイントは、生理痛の症状は常に一定ではないということです。

対象となるのは、「生理痛の症状の種類」と「各症状の強弱」です。今回の彼女が体験したのは後者の方ですね。生理痛の辛さが一定であるという誤認が、いざという時に問題になるのです。

前者の場合は、例えば生理痛の場合だと多くの人が「下腹部の痛み」を体感していると思います。しかし、生理痛においてはそのほかにも様々な症状を呈します。

今までは下腹部の痛みだけだったのに、急に腰痛や頭痛などを呈するようになるといった感じです。

これは、血行などの条件が生理痛の症状を左右することに起因し、生活環境の変化や職場でのストレス、生活習慣の変化によって大きく関わってきます。

関連記事

ページ上部へ戻る