生理痛を悪化させるような行動ばかりしてしまった結果

生理痛は、改善するための生活習慣というものがあります。

その多くは、日常のちょっとした工夫ですぐに実践することができ、人によっては画期的な改善策となることもあります。

しかし、逆に生理痛を悪化させてしまう生活習慣も数多く存在します。

ほかの分野においては良い効果をもたらすものでも、生理痛を悪化させる可能性もあるのです。今回は、そんな罠にはまってしまった女性のお話です。

 

元々、生理痛は軽いほうだった

彼女は、元々は生理痛はそこまで重い方ではありませんでした。薬に頼ることもなく、特に対策を必要とすることもなかったそうです。

それは社会人になってからも同じで、長らく整理痛に悩まされることはありませんでした。ところが、ある日を境に生理痛が悪化したと感じたそうです最初は病院へ行こうかとも思ったそうですが、そこまででもないと考えて控えていたそうです。今になって思えば、早めに専門家の意見を聞いておくべきだったと後悔しているようです。

 

コーヒーを飲む習慣

その頃、彼女はコーヒーを飲む習慣がありました。何かのテレビ番組で、コーヒーについて紹介されていたことがきっかけで、それ以来毎日のように飲んでいたそうです。

コーヒーメーカーも購入して、それまで飲んでいなかったことが嘘のように毎日コーヒーを飲んでいたそうです。彼女の話では、ちょうどその頃から生理痛が悪化したという話です。

コーヒーに含まれるカフェインが体を冷やし、生理痛を悪化させることを知ったのは、それから何ヶ月も後の話でした。

 

そのほかにも生理痛を悪化させる生活習慣が多かった

それを知ってから、コーヒーを飲む習慣は数日に一度程度に抑えられました。まさか生理痛を悪化させるものだとは、夢にも思わなかったそうです。

彼女はそれを機に、生理痛を悪化させる生活習慣について調べることにしました。その結果、代表的な生理痛悪化の生活習慣のうち、コーヒー以外にも3種類ほどが該当したそうです。

それにコーヒーが追加されたことで、生理痛を悪化させていたのでしょう。それらの習慣も可能な限り抑え、生理痛対策に有効な生活習慣を取り入れることで、生理痛の症状を元に戻すことに成功したそうです。

今でもコーヒーを飲むのはやめられないそうですが、量を減らしたことで生理痛に対する影響が減ったのだろうと分析しています。

「塵も積もれば山となる」、何が積み重なることで大きな影響となるかわからないと、彼女は当時を振り返っていました。

 

重要なポイント

ここで重要になってくるのは、生理痛を悪化させる生活習慣の種類の多さです。

ひとつふたつではなく、複数の原因が重なることで、生理痛を劇的に悪化させてしまう可能性が高くなります。

例えば、「運動不足」は、生理痛でなくても体に悪いという印象を持つ人は少なくありません。

問題となるのは、何かしらの分野において体に良い影響をもたらす習慣です。

例えば「夏野菜」です。野菜を食べることは体に良いという印象を持つ人は大多数ではないでしょうか?

栄養豊富で低カロリー、ダイエットにも効果的でビタミン豊富なため、お肌の強い味方です。

しかし、夏野菜は「体を冷やす」という側面もあります。

体が冷えると血行が悪くなり、生理痛を悪化させる可能性があります。

次に「牛乳」です。豊富なカルシウムを手軽に補給できる手段として、多くの健康志向の人に愛されています。しかし、牛乳もまた体を冷やしてしまいます。

このように、何かしらの分野で体に良いとされる行為も、新田を冷やすといった作用によって生理痛を悪化させる可能性があるのです。

一般的に「体に良い」という行為でも、それが生理痛にも良いとは限らないことに注意が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る