アルコールが生理痛を悪化させる?生理痛を理由にお酒を断れるか

会社勤めをしていると、上司や同僚からお酒の席を進められる機会が多くなってしまいます。

中にはそれを楽しみにしている人もいれば、苦手な人もいることでしょう。そもそもに、お酒が飲めない人だっています。

いろいろとトラブルにもなるお酒ですが、生理痛を理由にそれらを断ることはできるのでしょうか?

 

アルコールが生理痛を悪化させる

まず、アルコールの過剰摂取は生理痛を悪化させてしまいます。過剰摂取は、と言っているように、適度な量であれば生理痛において悪い影響ばかりではないのです。

まず、アルコールは血管を拡張します。それによって全身の血行が良くなります。生理痛においてはプロスタグランジンの影響によって子宮が収縮し、血管を収縮させることで血行が悪くなります。

それによって経血の排出が滞り、より子宮を収縮させようとします。血行が良くなることは、その症状の緩和に役立つのです。

しかし、だからといってアルコールを飲みまくれば良いというわけではありません。アルコールは肝臓で分解されますが、過剰な飲酒は肝臓への負担になります。それが血行の悪化を招いてしまいます。

また、飲みすぎることで気分の高揚も抑えられてしまい、酔いがさめた後にはイライラを感じ、生理前症候群(PMS)の症状を悪化させてしまいます。

過剰なストレスとなり、生理痛を悪化させてしまいます。このように、過度な飲酒は生理痛を悪化させる要因を持っているのです。

 

生理痛と飲酒の関係

それだけではありません。逆に生理痛が飲酒に影響を及ぼすこともあるのです。生理痛では、全身の機能が低下しています。

そのため、酔いやすく、味覚が鈍ってしまいます。なので、お酒や料理もどんどん口にしてしまいます。しかし、肝臓の機能も低下しているため、悪酔いしやすくなるのです。

また、生理痛によるイライラを、お酒で誤魔化そうとする人もいます。そうした時はお酒も進んでしまいがちです。このように、アルコールが生理痛を悪化させるだけでなく、生理痛が飲酒に影響を及ぼすという側面もあるのです。

しかも、どちらも基本的に悪い影響ばかり及ぼしているという側面も無視できません。

 

お酒を断ることはできる?

まず、生理痛がひどい場合にはきちんと「体調不良」を訴えかけ、飲み会を断りましょう。次に、生理痛とお酒は前述のように相互に悪影響を及ぼしますが、だからといってお酒を絶対に断らなければならないということにはなりません。

もちろん、無理にお酒を飲まされることはあってはなりません。それはきちんと「アルコール・ハラスメント」であると訴えかけることが必要です。

それができない、周囲もそういった空気でない場合には、きちんと飲み会自体を断ることも必要です。また、筆者もお酒は好きで、無理に我慢するとかなりのストレスになります。

ストレスは血行を悪化させてしまうため、生理痛にとっても悪いことです。それに、お酒の席の雰囲気が好きという人もいることでしょう。飲み会に参加することは、確実に深酒になるということではありません。

自分できちんと自制し、飲酒量を適度に抑えて後はノンアルコールの飲料で参加すれば良いのです。

生理痛の場合は自分の体調を鑑みて、無理なら参加せず、そうでない場合には無理の無い程度の飲酒に抑えることが重要です。

 

まとめ

適度な飲酒は血行を良くして生理痛に良いですが、過度な飲酒は肝臓の負担を増大させ、酔いがさめた後の苛立ちは生理前症候群と相まって過剰なストレスとなります。

また、生理痛によって体の機能が低下し、酔いやすく味覚が鈍ることで飲酒量が増えますが肝臓の機能も低下しているため悪酔いしやすくなります。

生理痛においては体調不良であれば断り、参加する場合には適度な飲酒に抑えることが重要です。

関連記事

ページ上部へ戻る