生理痛に効果的なツボってあるの?

病気や何かの症状を治すにあたり、病院や薬に手折らない方法も数多く存在します。

民間療法的な治療法から、本格的な医療に近い治療法まで数多く存在しています。こうした方法は病院へ行く暇がない人や、薬に頼るのが嫌だという人には実に効果的です。

今回はmそんな中でも「生理痛にきくツボ」についてまとめてみました。

 

血海(けっかい)

「血海」と呼ばれるツボは、膝の皿の上に、内側から指幅3~4本分上がった位置にあります。

足を伸ばした時に窪む部分の上端にあります。名前のとおり、「血液」に関係するツボです。血流が悪化している場合にそれを改善し、冷えや肩こりに効果があります。

生理痛では血行の悪さが生理痛を悪化させる原因となるため、このツボを押すことで血流を改善し、症状を和らげることができます。

このツボは、太ももに対して上から垂直に押します。太ももは骨が多く、素人でも押しやすいのが特徴です。

 

三陰交(さんいんこう)

「三陰交」は、足の内側、くるぶしに小指を置いて手を上方向に当てた際に、人差し指が当たる高さの骨の後ろ側に位置するツボです。

骨と筋肉の境目に位置します。三陰交は「冷え」に効果的なツボです。生理痛においては子宮が収縮し、経血を排出します。

体の冷えは血行を悪化させ、生理痛を悪化させます。三陰交を押して痛みがあれば、血行の悪化によってお腹がかなり冷えている証拠です。

親指の先を使ってゆっくりと3回ほど続けて押すと効果的です。

 

気海(きかい)

「気海」は、おへその下3cmの位置にあるツボです。元々は「丹田」の一つとされ、古くから「気付けのツボ」とされてきました。

丹田の一種であり、全身の「気」が集まる場所であるとされているため、このツボを押すことで元気が出ると言われています。

そのためもあってか、生理痛の他にも生理不順や精力減退、腰痛や貧血など、数多くの効果が期待できます。

また、代謝が良くなるため、ダイエットにも効果的です。このツボの押し方は、人差し指と中指の腹の部分で、爪を立てないようにゆっくりと押します。

 

合谷(ごうこく)

合谷は、手の甲の親指と人差し指の間にある骨の付け根の部分から指先方向にずらした位置にあるツボです。

窪んだ部分で、指で押すとジーンと感じる部分があればそこが合谷です。このツボは「万能・最強のツボ」と呼ばれるほどの様々な症状に対して劇的な効果を発揮します。

生理痛の他にも「歯痛」「頭痛」「肩こり」「便秘」「めまい」など、幅広く効果を期待することができます。押し方は、合谷の逆の手の親指で、人差し指の骨の方に向かって押します。

4秒前後押して休む、これを数セット行います。他のツボが足やお腹にあるのと違って合谷は手の甲にあり、時と場所を選ばずに押すことができるという特徴があります。

 

まとめ

生理痛に有効なツボは、血行を良くする「血海」、冷えを解消する「三陰交」、生理痛の他にも様々症状に効果的な「気海」や「合谷」などが挙げられます。

手の甲にある「合谷」が使い勝手が良いです。

関連記事

ページ上部へ戻る