生理痛で気をつけたい病気「子宮体がん」

生理痛を悪化させる要因は数多く、しかし気をつければすぐにでも解消できるものが多いです。

ところが、そういった要因を解消してもなお、生理痛の悪化が収まらないことがあります。

そうした場合、何か「病気」を患っている可能性があります。今回は生理痛に関係する病気のひとつである「子宮体がん」について解説していきます。

 

子宮体がんとは?

「子宮体がん」は、子宮に発生する「子宮がん」の一種で、その中でも子宮の内側にある「子宮内膜」に発生するがんです。そのため、別名「子宮内膜がん」とも呼ばれます。

似たような病気に「子宮頸がん」や「子宮肉腫」がありますが、これらは別の病気と考えてください。子宮体がんの発生には、エストロゲン(卵胞ホルモン)が深く関わります。

エストロゲンは子宮内膜の発育を促す働きがあり、その値の高い人は「子宮内膜増殖症」という状態を経て子宮体がんが発生する可能性があります。

この状態は、「肥満」「月経不順」「出産経験なし」「エストロゲンのみのホルモン療法を行っている」という人が該当します。

ただし、こうした人でない場合、つまりエストロゲンが関係しない要因でも子宮体がんは発生します。高齢者のように、ほかのがんの発症リスクも高い人に発症しやすいです。

 

子宮体がんの症状

子宮体がんの主な症状は「不正出血」です。特に、閉経後の高齢者が不正出血を繰り返す場合には、子宮体がんの可能性が高くなります。

閉経前の女性の場合、生理によって子宮内膜は剥離しますので、子宮体がんは発症しにくいと言われています。

しかし、近年では若年者での子宮体がんの発症ケースが増えています。生理の際にもそうですが、不正出血が続く場合には子宮体がん、もしくは子宮頸がんを患っている可能性があります(若年者の場合は後者のほうが多いと言えますが)。

 

子宮体がんの治療

子宮体がんの治療においては、手術療法による治療が一般的です。病気の進行具合にもよりますが、子宮と卵管、卵巣とリンパ節を摘出する手術が一般的です。手術による病巣の摘出が困難であると診断された場合には、抗がん剤の投与と放射線治療が用いられます。

子宮体がんの治療にあたって、摘出による妊娠能力の喪失を避け、将来的な妊娠を希望する場合にはホルモン剤を用いての薬物療法も用いる場合があります。

子宮頸がんと異なり、病巣部が妊娠において重要な部位であるため、手術そのものが妊娠に大きく関わってくるのです。

しかし、薬物療法が選択されるのは、あくまでも子宮体がんが初期の段階であり、なおかつ一部の場合に限られます。その条件を少しでも満たすためには、子宮体がんの早期発見と早期治療開始が重要なキーワードとなります。

子宮頸がんは、初期の段階から自覚症状を発します。不正出血が続く場合、子宮体がんや子宮頸がんを患っている可能性が高く、特に閉経後に不正出血を繰り返す場合には高確率で子宮体がんや子宮頸がんを患っていると言えます。

子宮体がんの診断においては、その90%が不正出血によって発覚しています。

早期に治療を開始すれば予後も良好であることが多いので、不正出血の疑いがある場合には速やかに婦人科を受診することをお勧めします。

 

まとめ

子宮体がんは別名「子宮内膜がん」とも呼ばれ、子宮の内側、子宮内膜に発生します。女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が深く関わります。

子宮体がんの症状は「不正出血」です。閉経前は子宮内膜の剥離が起こるため発症率は低いと考えられますが、実際には若年者の発症率が高まっています。

治療では手術と放射線治療が用いられますが、妊娠を希望する場合にはホルモン剤による薬物療法が選択されます。

ただし、症状の初期段階で一部の場合のみに限られるため、早期発見がカギとなります。

関連記事

ページ上部へ戻る