生理痛で気をつけたい病気「子宮筋腫」

生理痛の悪化には、何かしらの「病気」が関わっている可能性があります。

その場合、生理痛の悪化がその病気のサインとなり、早期発見につながる可能性があります。

とはいえ、病気の存在を前もって知っておかなければ、早期の発見には繋げられません。そこで今回は、「子宮筋腫」について解説していきます。

 

子宮筋腫とは?

「子宮筋腫」とは、子宮に良性の腫瘍が発生する病気です。良性なので、がん化することはほとんどありません。

大きな腫瘍で約0.5%という少ない確率で悪性肉腫が含まれていることがあります。なので、基本的にはこれそのものが命を脅かすような存在にはなりません。

しかし、子宮筋腫は放置しておくと中には10kgを超える大きさにまで成長する可能性もあります。おなかの中に10kgもの重さの玉を抱えていると考えると、少し怖い気もしますね。

そのため、命に関わらないとは言え、治療せずに放置することはできません。子宮筋腫は女性ホルモンの分泌によって大きくなり、逆に閉経後は小さくなる傾向にあります。

また、複数の子宮筋腫が同時に発生することが多いです。大きさは様々ですが、発症部位と大きさによって症状が異なります。

 

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の主な症状は、月経量の増大と生理痛の悪化です。そのほかにも、月経以外の不正出血や腰痛、頻尿などの症状を呈することもあります。

子宮筋腫は、発症部位によって発生しやすい症状が変わります。まず、子宮の外側に発生する「漿膜下筋腫」は、肥大化するまで自覚症状が乏しいです。

次に、子宮の内側に発生する「粘膜下筋腫」の場合は不正出血や不妊症の原因になります。子宮の筋肉の中に発生する「筋層内筋腫」は、不正出血や流産、早産の原因となります。

子宮の内側に発生する筋腫ほど症状が現れやすく、外側に行くほど大きくなるまで症状が乏しいという特徴があります。

 

子宮筋腫の治療

子宮筋腫の治療においては、手術療法と薬物療法が挙げられます。

手術の場合は子宮ごと切除する方法と筋腫のみを切除する方法があります。子宮ごと切除することで再発を防ぐことができますが、将来的に妊娠を希望する場合は筋腫のみを切除します。

その際、子宮筋腫は複数個発生しやすいという特性上、小さな取残しが発生しやすく、数年後にはそれが成長して筋腫となる可能性が残ります。薬物療法の場合、閉経状態にする治療法である「偽閉経療法」が行われます。

閉経状態にすることで女性ホルモンの分泌を抑え、子宮筋腫を小さくする方法です。ただし、この治療法の場合は閉経状態になり、それが長く続くことで更年期様の症状が現れる可能性もあります。

そのため、この治療法は半年しか行えないというデメリットもあります。薬物療法は、閉経までの時間稼ぎとして用いられたり、手術前に子宮筋腫をできるだけ小さくするために用いられたりもします。

また、筋腫に効果のあるという謳い文句で販売されているサプリメントもありますが、安易にそういった商品に手を出すよりも、気になる場合はお近くの婦人科を受診したほうが賢明であると言えます。

 

まとめ

子宮筋腫は、子宮に発生する良性の腫瘍です。女性ホルモンによって成長し、閉経後は小さくなります。

大きくなるにつれて症状が大きくなり、月経量の増大や生理痛の悪化をもたらします。発症する部位によって症状が異なり、発生する場所が子宮の内部であるほど小さい状態でも症状が現れます。

治療においては子宮を全摘するか筋腫のみを切除する方法があります。薬物療法もありますが閉経状態が長続きするため半年しか利用できず、閉経までのつなぎや手術前に用いられる場合があります。

関連記事

ページ上部へ戻る