生理痛で気をつけたい病気「子宮内膜症」

生理痛を悪化させる要因は数多く存在しています。生活習慣に依存していることが多く、意外と知られていないものも多いのが実情です。

しかし、本当に生活習慣だけかといえば、その限りではありません。

実は、生理痛を悪化させる「病気」が存在してるのです。今回は「子宮内膜症」について解説していきます。

 

子宮内膜症とは?

「子宮内膜症」とは、子宮内にのみ存在するはずの子宮内膜と呼ばれる膜状の組織が、子宮ではない部分にできてしまう病気です。

子宮以外の場所で発生した子宮内膜も、通常の子宮内膜と同様に生理によって剥離し、出血を伴います。しかし、子宮以外の場所なので経血を排出することができず、血液が溜まって「チョコレート嚢胞」を形成したり、臓器同士の癒着の原因になります。

子宮内膜症の原因は、経血が卵巣に逆流するためであると言われています。

剥離したあとも子宮内膜症の細胞は生きており、それが卵管を通ってお腹に逆流して、ほかの臓器に着床することで増殖を繰り返して子宮内膜を形成してしまいます。また、生まれつきという説も有力です。

 

子宮内膜症の症状

子宮内膜症は、子宮内膜の細胞が着床・増殖した部位によって症状が異なります。

まず、共通している症状は「生理痛の悪化」です。生理痛は、子宮内膜症が進行するにつれて強くなっていきます。

まず、卵巣内に発生した場合はチョコレート嚢胞によってお腹が張った感じが見られます。チョコレート嚢胞が敗れると、激しい腹痛に襲われます。卵巣の表面の場合は強い生理痛のみです。

卵管内の場合は痛みの他に不妊症の原因になります。次に、ダグラス窩に発生した場合は性交痛と癒着を起こします。

腸の場合は、直腸であれば排便痛や排便障害、小腸の場合は進行に伴って腸閉塞の原因となります。膀胱であれば血尿が見られます。このように、子宮内膜症はどこに発生するかで細かな症状が異なります。

 

子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療においては、病気の進行具合に応じて「薬物療法」と「手術療法」が選択されます。

薬物療法では「ピル」などのホルモン剤を数ヶ月服用します。初期の段階であれば、薬物療法だけで完治する可能性が高いです。

薬物療法でも完治しなかった場合や再発した場合、もしくは病巣部が一定以上の大きさである場合には手術療法が選択されます。手術の場合、基本的には病巣部の切除のみを行います。

ただし、二度と妊娠できなくても良い場合には根治手術、つまり子宮をまるごと切除する方法が選択されます。病巣部の切除だけでは、再発の可能性は否めませんが、将来的な妊娠を希望する場合には病巣部の切除のみが選択されます。

手術の場合、手術代だけでなくその後の入院費用もかかるため、総額で20万~30万円の治療費が掛かります。

子宮内膜症は、早期発見であれば薬物療法のみで完治する確率が高く、治療費も数万円で賄うことができます。

早期発見のポイントとしては、「徐々に強くなる生理痛」を見逃さないことです。

ただし、冒頭でも触れましたが生理痛を悪化させる要因は、生活習慣の中に隠れています。

まずは生活の中に生理痛を悪化させているものがないかを確認し、それを取り除いてもなお生理痛が悪化する場合には子宮内膜症である可能性が高まります。速やかにお近くの婦人科を受診することをお勧めします。

 

徐々に悪化していく生理痛が子宮内膜症だった事例

このお話は、「ある理由」で生理痛の症状が重くなった人の話です。

 

この女性の初期症状

彼女は元々、そこまで生理痛は重くありませんでした。社会人となって数年、自身の地位も安定してきて、仕事によるストレスを感じることもありませんでした。

休日の過ごし方も健康的であり、生理痛の症状を和らげるにあたって理想的な暮らし方をしていました。ところが、ある日から生理痛の症状を意識しだすようになります。

その原因は、生理痛の症状が徐々に重くなってくていることです。彼女は知識として、生理痛は悪化する可能性があることを知っていました。

なので、一過性のものだろうと判断したのです。その判断が、実は間違っていることに、当時の彼女は気がつかなかったのです。

 

次第に生活に支障をきたすようになる

しかし、彼女の生理痛はどんどん悪化していったのです。何かしら原因があるのだろうかと考えつつも、とりあえず体を温めたり、ハーブティーを飲むといった簡単な対策から講じていきました。

一応の改善は見られたのですが、症状は日に日に重くなっていきました。それは、次第に彼女の生活を脅かすほどになっていったのです。

生活態度も、対抗策も、決して生理痛を悪化させるようなものではありませんでした。

彼女は、別の部分に原因があるのではないかと、これは個人では解決できない問題なのではないかと、この時点でようやく考えついたのです。

 

耐え切れず病院へ、すると衝撃の内容が

症状が悪化していくのに耐えられなくなった彼女は、職場の近くにあった婦人科を受診します。

少なくとも、有効な対策や薬を処方してくれるだろうと考えたのです。しかし、診察の結果は彼女の予想を大きく上回る内容でした。なんと、彼女は「子宮内膜症」という病気を患っていたのです。

子宮内膜症は、子宮内膜が子宮以外の場所で増殖することで、生理痛を悪化させたり不妊の原因となる病気です。

診断の結果、薬物療法が選択されました。彼女の場合は比較的早期の発見であったらしく、薬物療法による再発は起こりませんでした。

 

重要なポイント

ここで重要になるポイントは、子宮内膜症などの子宮に関係する病気が生理痛を悪化させるということです。

生理痛が徐々に悪化していくことで、それらの病気であると認識することができ、早期発見につながります。ただ、生理痛を悪化させるのは病気だけでなく、生活習慣や生活環境の変化なども原因として挙げられます。

ここで注目したいのが、子宮内膜症などが原因の場合、「生理痛の症状が徐々に悪化する」ということです。ほかに原因に心当たりがなく、生理痛の症状が徐々に重くなっている場合には、病気の可能性が高くなります。

なお、別の記事でも書いていますが、こうした病気の場合は「産婦人科」もしくは「婦人科」を受診してください。

早期に発見できれば、簡単な薬物療法で治療が完了し、手術をしなくても再発を防ぐことができる場合もあります。

生理痛を悪化させる可能性がある病気としては、「子宮内膜症」「子宮体がん」「子宮頸がん」「子宮筋腫」「支給腺筋症」が挙げられます。

場合によっては子宮の全部摘出という可能性もあり、妊娠を希望している女性にとって絶望的な選択となります。

どの病気の場合でも早期発見が完治・再発防止につながります。生理痛が思いと感じたら、我慢せずに早めに病院へ行くことをお勧めします。

 

まとめ

子宮内膜症は、経血が逆流することで卵管やほかの臓器に子宮内膜の細胞が着床し、子宮内膜を構成する病気です。

生理痛を重くし、発症部位ごとに様々な症状が現れます。治療では薬物療法と手術療法がありますが、手術は入院を伴うためお金が掛かります。

徐々に強くなる生理痛が子宮内膜症の自覚症状であるため、気がついたら婦人科を受診しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る