生理痛薬サプリメントおすすめランキング

女性であれば誰もが苦しめられる「生理痛」は、予防することができない症状です。

だからといって、医学的な処方が無意味であるということではありません。症状を緩和し、病気を治すための「薬」にも、生理痛の症状を緩和することができるものが多く存在します。

そこで、生理痛に効果的な薬の基本的な知識をお話していきます。

 

鎮痛剤は目的に従って服用

生理痛の痛みをやわらげる薬として用いるのは、やはり「鎮痛剤」が一番です。しかし、「鎮痛剤であればどれでも良い」というわけではありません。

鎮痛剤には、「内臓痛に効く薬」と「神経痛に効く薬」の2種類があります。そして、生理痛に効果があるのは大抵の場合、前者の「内臓痛」に効果のある薬を用いるのが効果的です。

そもそも、生理痛の大きな症状となる「下腹部の痛み」は、子宮が経血を排出するために収縮していることが原因となっています。それは、神経が圧迫されることによる神経痛ではなく、内臓痛に該当します。なので、下腹部の痛みがひどい場合には、内臓痛に効果のある薬を服用することが効果的です。ただし、内臓痛に関係しない頭痛などの、生理痛の諸症状については、内臓痛の薬だけでは解決できません。

そういった症状には頭痛薬などの神経痛に効果のある薬を利用することが必要です。生理痛に効果のある市販薬に多く含まれる成分としては、子宮に効果を発揮しやすい「イブプロフェン」が有名です。

ちなみに、イブプロフェンは15歳以上に対して使用できる薬なので、15歳未満の女性が使う場合は「アセトアミノフェン」を含む薬が使用可能です。どの薬にすればよいか分からない場合には、薬剤師に相談すると良いでしょう。

 

女性ホルモン剤

女性ホルモン剤は、子宮内膜の増殖を抑えることで、生理痛の原因である「子宮の収縮」を抑えることができます。

そういった意味では、生理痛の予防であると言えますが、完全に生理痛を抑えることができるというわけではありません。

ただし、ホルモン剤はホルモンバランスを大きく乱すことになり、個人の体質等に応じた容量を守らないと生理痛を悪化させたり、何かしらの副作用が生じる可能性があります。

そのため、女性ホルモン剤は鎮痛剤とは異なり、薬局で市販されてはいません。なので、婦人科を受診して、適切な女性ホルモン剤を処方してもらうことが必要になります。

鎮痛剤ほど手軽に入手できるわけではありませんが、自身の体調に合った薬を手に入れることができます。

 

漢方薬という選択肢

しかしながら、世の中には人工物である医薬品を用いることに抵抗のある人も少なくありません。

そういった人には「漢方薬」という選択肢もあります。あまり馴染みのない存在ではありますが、漢方薬の中にも生理痛に効果を発揮するものがあります。

例えば「十全大補湯」という漢方は、生理痛の際の貧血に効果を発揮してくれます。その他にもいろいろとありますが、素人が手を出すには難しい分野でもあります。なので、専門家に相談して、自分に合った漢方を選ぶ必要があります。

 

薬のまとめ

「薬も過ぎれば毒となる」という言葉があります。薬は私達の健康を維持するために極めて有効な存在ですが、適切な使用方法でなければ効果を発揮しないばかりか、健康を損なう結果になる可能性すらあります。

それだけ体に与える影響の大きい薬ですが、当然ながら適切な使用法を守ることができれば、生理痛の緩和にも大きな助けとなります。

また、薬は同じ効能を持つものであっても、人によって効果の表れ方は異なります。なので、人に勧められた薬でも、自分の症状に合った薬であるという保証はありません。医師や薬剤師といった専門家の意見を聞くことも重要なのです。

 

生理痛に効く薬の口コミ

生理痛には、様々な薬が効果的です。ただ、相性もあるのか、人には効果的だった薬が他の人には効果がなかったということも多いです。

そうなると、今飲んでいる薬でもいつかは効き目がなくなってしまうかも、そうなると生理痛の辛さに対抗できなくなってしまいます。そこで、生理痛に効く薬の口コミを集めてみました。

 

生理痛には「ロキソニン」

市販の鎮痛剤が効かない人は、婦人科で「ロキソニン」を処方されることが多いようです。

今まで市販の「バファリン」等を飲んでいた人は、「ロキソニンですっかり生理痛が軽くなった」という意見のひとが多いようです。実際に、婦人科でロキソニンを処方する例も多いのですが、その一方でロキソニンの効果を疑問視する声も少なくありません。

中には「ロキソニンに変えたら、頭痛がするようになった」という意見もあります。

ロキソニンに限った話ではありませんが、薬にも相性があり、相性の悪い人の場合は何かしらの副作用を呈する可能性もあります。その場合は、素直に担当医に相談し、別の薬を処方してもらうようにしましょう。

 

イブプロフェンが豊富な「リングルアイビー」

リングルアイビーは、生理痛薬として使われている有効成分「イブプロフェン」を多く含んでいる薬です。

これもやはり、市販の鎮痛剤が効かないという人に効果的で、「人にも勧めて喜ばれる」という評判を得ています。カプセルタイプで中身は液体になっているので、効果が現れるのが早いです。

また、生理痛以外にも頭痛や歯痛、発熱にも効果があり、常備しておくと何かと便利だという声も多いです。

 

急な胃痛に「ブスコパンA」

ブスコパンAという薬は、生理痛の薬ではなく「胃腸鎮痛鎮痙剤」として販売されています。鎮痙作用のある「ブチルスコポラミン臭化物」という有効成分を含み、急な胃痛や腹痛に効果を発揮してくれます。

これが生理痛の際の下腹部の痛みにも効果的で、「ロキソニンを飲んでも治らなかった生理痛が1発で治った」という声もあります。ただし、15歳未満は服用することができません。

 

ハイブリッドな生理痛の薬「エルペイン」

エルペインという薬は、「生理痛のしくみから考えた生理痛専門薬」として販売されています。生理痛に薬を使って対策した人が、「最も効き目があった」「薬剤師に最後の砦と言われた」と評されるほどに、高い生理痛対策効果があります。

それもそのはずで、エルペインの有効成分は生理痛の薬にお馴染みの「イブプロフェン」と、先ほど紹介した「ブチルスコポラミン臭化物」の2種類が配合されています。

要するに、ブスコパンAとイブプロフェン薬の2種類を同時に飲んでいるということで、プロスタグランジンの分泌量を減らし、子宮収縮による内臓痛を抑えるという、まさにハイブリッドな薬なのです。ただし、効果が強い分だけ副作用も強力なものが多いです。重篤なものでは「肝機能障害」「腎障害」「アナフィラキシーショック」といったものを呈します。

長期間の使用は危険なのですが、月に1回、数日飲む程度であれば重篤な副作用を呈するリスクは少ないといえます。が、もちろん油断は禁物です。

 

生理痛に効く薬のまとめ

一つ注意していただきたいのは、「人が効果があったと言っていたから、自分にも効果があるはず」という間違った認識は持たないほうが良いです。

薬には相性があり、人には効果的だった薬が自分には逆効果だったということも珍しくはありません。使用している薬が効果を現さなくなった時に、指標の一つとして参考にするのが現実的な運用方法だと言えるでしょう。

最も確実なのは、婦人科で医師の処方を受けることです。

もちろん、その際にも相性の悪い薬を処方される可能性もありますが、その場合は申し出ることで別の薬を処方してくれるはずです。

 

生理痛に効く薬の副作用

生理痛に際し、その症状を緩和するために「薬」を用いることが有効な場面は多いです。

服用するだけで画期的に生理痛の症状を緩和することができ、その種類も豊富なので相性の良い薬と出会える可能性も高いです。

しかし、薬につきもののデメリットである「副作用」のことは無視することができません。そこで、生理痛の薬の副作用についてまとめてみました。

 

経血量が増える

「イブプロフェン」や「アセトアミノフェン」のような成分が含まれている薬は、生理痛の原因となる「子宮の収縮」を起こす物質である「プロスタグランジン」の分泌を抑える効能があります。

しかし、そもそもプロスタグランジンは「子宮を収縮させて子宮内の経血を排出する」という働きがあり、決して無駄に痛みを起こしているわけではないのです。

さて、プロスタグランジンの分泌量を抑える成分は、確かに子宮収縮に伴う下腹部の痛みと、血流悪化に伴う諸症状を改善するのに効果的なのですが、それだけ子宮はゆるくなっているということです。

つまり、経血の排出が上手く機能せず、不快な思いをする可能性が残されていることを理解しましょう。

 

胃腸障害

生理痛の薬として知名度の高い「ロキソニン」や「バファリン」といった鎮痛剤には、胃腸障害が起こる可能性があります。

特に空腹時に服用したり、元から胃腸の弱い人は胃腸障害が発生するリスクが高まります。胃薬と一緒に服用することで胃腸障害の発生リスクを抑えることができます。

中には副作用による胃腸障害で、生理痛のとき以上に腹痛を生じることになり、痛みで起き上がれなくなったという事例もあるくらいです。

空腹時の服用は避け、胃腸の弱い人は胃薬と一緒に服用するか、使用そのものを控えたほうが良いでしょう。

 

効果の強い薬ほど副作用も強い

生理痛の薬に限った話ではないのですが、一般的に「効果の強い薬ほど副作用も強い」という内容を考慮しなければなりません。

婦人科で処方される薬や、薬剤師の勧める薬は、最初から効果の強い薬は挙げられません。なぜなら、強い薬ほど副作用の薬があり、常用することで副作用のリスクは大きくなります。

なので、勧めた薬に効果がなかった時に、さらに効果の強い薬を選択するようになります。それだけ生理痛の緩和に期待が持てますが、その反面、副作用のリスクも大きくなります。

 

中には重篤な副作用も

生理痛の緩和のために用いられる薬には、様々な副作用が存在します。中には、重篤な症状を呈する薬もある点には注意が必要です。

場合によっては命の危険を伴うような重篤な症状を呈することもありますが、用法用量を守ってさえいれば極めて稀なケースでもあります。

また、月に一度しか用いないのであれば、副作用のリスクそのものが少ないといえます。とは言え、全く以て無視できるという内容でもないというのは間違いありません。

あくまでも「そういったリスクは有る」という危機感を持つ程度で良いでしょう。個人的な相性も大きく左右されるので、効果の強い薬については医師や薬剤師のアドバイスを受けることをお勧めします。

 

生理痛に効く薬の副作用のまとめ

どんな薬にも、副作用のリスクはつきものです。服用する量が増えるほどに副作用のリスクも高まります。

また、冒頭でも述べましたが「相性」の問題もあります。人が良いと勧めた薬でも、自分にとっては相性が悪い薬で、副作用を発生させる可能性が高まることも十分に考えられます。

どんな薬にも書いてありますが、使用中に異常を感じた場合には、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

中には重篤な症状を呈するものもあり、手遅れになると命に関わる可能性も捨て切れません。薬とは上手く付き合っていく必要があるということです。

ページ上部へ戻る