生理痛に漢方薬を利用するメリット・デメリット 漢方薬はどこで貰える?

漢方薬はどこで貰える?

「漢方薬が体に良いらしい」という話を、どこかで聞いたことがあるかと思います。

西洋医学とは異なる知識を用いて、西洋医学では治せないような症状にも効果を発揮してくれます。

その漢方薬の中には生理痛に効果のあるものや女性特有の症状に対して有効なものも数多くありますが、そのような漢方薬はどこで入手すればよいのでしょうか?

 

漢方薬の入手場所

まず、漢方薬を販売している場所についてお話しておきましょう。漢方薬もまた医薬品の一種であり、そこいらの食品スーパーで販売していたり自動販売機で販売されていることはありません。

漢方薬を入手できる場所としては「病院」「漢方薬局」「調剤薬局」「ドラッグストア」などが挙げられます。

それぞれに特徴がありますので、各々の事情や漢方薬に対する要求などを総合的に判断して選ぶと良いでしょう。

 

病院での漢方の処方

通常の西洋医学の医薬品と同様に、病院で漢方薬を処方して貰える場合があります。こうした曖昧な言い方をしたのは、病院によっては漢方薬の取り扱いをしていない場合があるからです。

大手の総合病院であれば、最近ではかんぽ医薬を処方してもらえるパターンが多いですが、小さな病院では漢方薬は専門外であるということも珍しくありません。

なので、漢方薬の効能を知り、病気が明らかになった暁には漢方薬のお世話になりたいと思っていた人も、いざ病院で診てもらった後に漢方薬という選択肢が選べないということは珍しくありません。

こういった場合、事前にその病院で漢方薬の処方を受けられるかどうかを調べておく必要があります。

こうしたデメリットは有りますが、メリットとしては自分の症状に合った漢方薬が確実に手に入るということと、保険が適用されるということです。処方を受けたら、処方箋を持って調剤薬局へ向かいます。

 

ドラッグストアでの入手

通常、医薬品は病院での処方を受けて調剤してもらいますが、市販の薬であればドラッグストアや薬局でも購入することができます。

漢方薬も同様で、風邪薬や胃薬と同様にそうした店舗で、医師の処方無く購入することができます。「ツムラ」や「クラシエ」などのメーカーから販売されています。病院へ行く隙がないという人でも、薬局へ向かう時間ならなんとか確保できるのではないでしょうか。

医師の処方箋無しで購入できるので、通院の時間が短縮できます。何より、病院が苦手だが薬は飲めるという人でも、手軽に漢方薬を利用することができます。

デメリットとしては、保険が適用されないことです。保険が適用されない漢方薬は、それなりのお値段となります。

また、漢方薬の特徴とも相性が悪いのです。漢方薬は即効性がある西洋医学の医薬品と異なり、常用することで効果を発揮する薬です。なので、毎日飲み続けることになり、ランニングコストがかかることになります。

 

ネット通販で購入

最近では、大手の通販サイトでも漢方薬を販売しています。ラインナップはドラッグストアよりも充実している場合もあり、既成品で使用実績のある漢方薬を購入する場合だと安上がりになる可能性もあります。

しかし、漢方薬を今まで使ったことがない人の場合、専門家のアドバイスを受けられないというデメリットがあります。

病院で医師の処方を受けたり、薬局やドラッグストアで薬剤師のアドバイスを受けるなど、漢方薬に精通している人の意見を聞けるというのは大きいです。

既に何かしらの漢方薬を利用していて、それを継続的に利用するために購入するのならまだしも、漢方薬初心者がネットでの情報や口コミだけを信じて漢方薬を購入しても、本当に自分の症状や体質に合っているかどうかの確証は持てません。

まずは専門家の勧める漢方薬を試し、それが奏功した場合にネットでの購入を検討するのが無難です。

 

漢方薬のメリット

辛い生理痛において、「薬」に頼るという方法があります。

民間的な治療法に比べて確実な効果を得られる薬による生理痛対策ですが、薬といえば「漢方薬」があります。

そこで今回は、漢方薬を用いた生理痛対策のメリットについて紹介しようかと思います。

 

自然派の人にも利用できる

まず、漢方薬というものはいわゆる「生薬」を組み合わせた存在です。

つまり、その組成は自然に存在している物質そのものであると言えます。それに対して一般的な医薬品は、化学物質を組合わせています。こ

のような反自然的な物質に頼らないという「自然派」「自然主義」「自然志向」な人にとって、化学物質の体現である医薬品は頼る事ができず、しかし、自然の産物から作り出された漢方は活用することができます。

漢方薬では、生理痛においても効果を及ぼすものがいくつか存在します。その効果については個人差があり、異本的に医薬品のそれに比べるとはっきりとした効果を得られないことが多いです。

しかし、全く効果がないということではなく、化学物質に頼ることなく症状を緩和できるというのは極めて大きな意味を持ちます。自然の成分によって体の不調を改善するというのは、自然派の人にとって大きなメリットとなるということです。

 

効果がゆるやか

漢方薬は、市販の医薬品や処方される医薬品に比べると、その効果がゆるやかです。

効果そのものが、そこまで薄いというわけではありません。ここで言う「効果がゆるやか」というのは、効果の表れ方や副作用が少ないということです。

全ての医薬品に副作用があるというわけではありませんが、医薬品は用法を守っても副作用のリスクがそれなりに発生します。しかし、漢方薬の場合はそこまで副作用のリスクが高いというわけではありません。

漢方薬も原料となる成分によるアレルギー反応等のリスクが皆無とは言い切れませんが、化学物質による医薬品に比べるとそこまではっきりとした副作用は表れません。

また、栄養面においてもそこまで濃縮された栄養を摂取する事にはならず、特に生理痛における女性ホルモンの摂取は、医薬品では過剰になる可能性が高くなります。

漢方薬は自然の成分によって成分や栄養を摂取するものであり、摂取し過ぎないかぎり過剰症のリスクも少ないと言えます。

 

抵抗感が少ない

これは前述の理由にも近いのですが、いくら生理痛を緩和するためとはいえ、「薬に頼る」ということはどうしても抵抗を感じてしまいます。

しかし、漢方も「漢方薬」という薬の名前を冠しながら、その実情は「生薬」であり、自然の産物です。病気の治療のための医薬品と異なり、自然の成分でできた漢方は、そこまで「薬に頼っている」という印象を与えません。

つまり、自然派でない人でも「生理痛のために医薬品に頼るのは」と抵抗を感じる場合にも、漢方薬であればそこまでの抵抗感は無いでしょう。

その反面、しっかりと効果は発揮してくれるので、医薬品ほどではないにしても生理痛の症状を緩和する効果は期待できます。

生理痛も立派な体調不良の一種であり、これを医薬品で改善することも間違ってはいないのですが、漢方薬の場合はより少ない抵抗感で利用することができるのです。

 

漢方薬のメリットまとめ

このように、漢方薬には市販の医薬品に比べると大幅にその効果の表れ方や存在そのものに差異が発生します。

もちろん、漢方薬があらゆる面において医薬品に優っているということではありませんが、人によっては漢方薬の持つメリットが大きく作用するということも考えられます。

そこまで手軽に利用できるものでもないのですが、漢方薬にもそれなりにメリットが多いということはご理解頂けたかと思います。漢方薬を利用する際は、可能な限り専門家の意見を参考に選ぶと良いでしょう。

 

漢方薬のデメリット

生理痛の改善において、「漢方薬」を用いるという方法があります。

漢方薬には現代の西洋医学に基づく薬の持っていないメリットが数多く存在しています。しかし、漢方薬にはメリットだけでなくデメリットも存在しています。

そこで、生理痛の改善において漢方薬を用いることのデメリットについて解説していきます。

 

即効性がない

漢方薬は、自然の植物など天然成分のみで構成されています。なので、効果がゆるやかであるというメリットがあります。

しかし、逆に言えば効果がなかなか現れないという側面も持っています。風邪薬は、風邪の時に飲むと比較的すぐに効果が現れますが、漢方薬の場合は飲んですぐに期待通りの効果が現れないことが多いです。

もちろん、全く効果がないというわけではありませんが、即効性として感じられる効果は極めて限定的です。なので、普段から飲み続けることによる効果は現代医学の医薬品に比べて安全性が高く効果も期待できますが、症状が現れてから飲むことによる症状緩和や治療効果は期待できません。

生理痛でお腹が痛くなってから対応する漢方薬を飲んでも、お腹の痛みを速やかに解消することは難しいでしょう。

 

味に癖がある

漢方には、独特の苦味や酸味、匂いがあり、これが飲みにくさをもたらしています。

子供の頃は、苦い薬をジュースで飲むということもありましたが(おかげで私は学校行事で宿泊する度に苦い粉薬を水で飲むはめになっていました)、漢方も含めて薬は飲み物の種類によっては吸収に異常が現れ、本来の効果を十分に発揮できないことも多いです。

なので、漢方も水か白湯で飲むことが勧められていますが、大人でもあの独特の味は慣れるのに時間がかかります。

一応、対策としては「オブラートに包む」という方法があります。喩え話ではなく、市販のオブラートに包んで、味を感じることなく飲み込むという方法です。その他にもいくつか方法がありますが、方法によっては漢方の効果との相性が悪いものもありますので注意が必要です。

 

漢方薬を処方できる病院が少ない

現代医学の医薬品は、薬局やドラッグストアで市販されていたり病院で処方を受けることができます。

しかし、漢方薬ともなると限定された専門家でないと、必要な漢方薬を処方することができません。漢方薬への認識が進んだ現代において、大きな病院では漢方薬を処方してもらえることが多くなってきましたが、地方の小規模な病院では、漢方薬の処方は難しいです。

なので、お住まいの住所によっては、漢方薬の入手が困難であることが懸念されます。

遠方での入手を検討する場合、移動にかかる時間やお金もコストに含めて考えなければならず、後述のコスト面での問題をさらに悪化させてしまうことも考えられます。

 

保険適用されずに割高になる

漢方薬は、その全てが保険適用されているわけではありいません。未病にも効果があることが知られている漢方薬ですが、その全てが保険適用の認められた薬ではないということです。

保険が適用されなければ、それだけお値段も高くなるということです。場合によっては、1日あたり数百円ものコストがかかるということも考えられます。

前述のとおり、漢方薬は対症療法的な運用方法ではなく、日頃から服用することで健康を維持するという目的で使われます。なので、1日あたりのコストの高さは極めて大きな要素となります。もちろん、保険が適用されている漢方薬もいくつかありますが、未だに限定的であることは否めません。

普通の医薬品と同じように考えてしまうと、意外なコストの高さに悩まされることになるでしょう。保険が適用される漢方薬であるかどうか、事前にしっかりと確認しておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る