機能性月経困難症と改善方法

生理痛の重さは人によって異なります。場合によっては日常生活に支障を出すレベルであったり、時には倒れたり病院のお世話になるような人もいます。

同じ生理痛でも個人差が大きいのには理由があるのです。そこで今回は、生理痛が重くなる原因である「機能性月経困難症」について解説します。

 

月経困難症について

月経困難症は、生理痛の症状が重い状態のことを指します。

生理痛の重さについてはこの範囲内でも個人差はありますが、一般的には「生活に支障が出る」レベルの症状であると解釈できます。

仕事や家事、余暇の過ごし方等に大きな支障を生み出すため、生活の質を下げるものとなります。その月経困難症は、主とする原因によって2種類に分類されます。

 

機能性月経困難症について

機能性月経困難症は、月経困難症の分類の一つです。

機能性月経困難症は、その原因が「別の病気ではない」という場合の分類です。これは、対となる「器質性月経困難症」が、子宮内膜症等の病気を原因としているのに対して、機能性月経困難症の場合は基礎疾患が存在していません。

ただ、原因不明なのではなく、その原因が病気とはいえない程度のものであるということです。

機能性月経困難症の特徴としては、月経困難症の中で大きな割合を占めるということ、器質性月経困難症に比べて比較的その症状の重さが軽度であるということです。

また、自然に回復することも多いです。発症するのは、思春期から20代の前半までが多いです。

 

機能性月経困難症の原因

器質性月経困難症のように、はっきりとした病気を原因としない機能性月経困難症の場合、その原因は「体質的な原因」と「生活習慣の中にある原因」に大別されます。

まず、体質な原因については、プロスタグランジンの分泌過多が考えられます。プロスタグランジンは、経血の排出のために子宮を収縮させるために分泌される物質です。

この子宮の収縮が生理痛における下腹部の痛みの正体であり、つまり子宮を収縮させているプロスタグランジンが、生理痛の根本的な原因です。

そのプロスタグランジンが体質的に多く分泌される場合、それだけ子宮が収縮することになり、痛みも大きくなります。また、子宮や卵巣が未成熟であることも、体質的な問題です。

次に生活習慣においてですが、これは血行を悪化させる生活習慣がそれに該当します。体を冷やしたり、ストレスを溜め込むことは生理痛を悪化させるものとなります。

それが習慣化してしまうと、継続的にしかも生理痛の重さは悪化することになる可能性が高いです。

 

機能性月経困難症の治療について

病気を原因とする器質性月経困難症に対して、機能性月経困難症の場合は治せる病気を原因としていないため、根治療法をとらず、対症療法をとることになります。

主に用いられるのは痛みを和らげる鎮痛剤ですが、プロスタグランジンの合成を阻害する薬も用いられることがあります。また、継続的な生理痛の重さを解消するために、生活習慣を見直すことになります。

これは機能性月経困難症の原因が生活習慣の中にあることを理由としています。簡単に言えば「規則正しい生活を送る」「体を温める」「無理はしない」ということを基本とします。

まず、生活のリズムを整えることでホルモンバランスを正すことを目指します。次に血行を促進するために体を温めることを基礎とし、体を冷やす行動や飲食は避けます。無理を押しての行動は体力を奪われますので、無理だと感じたら休息をとって、必要に応じて予定を変更することも視野に入れましょう。

運動をすることも血行促進の観点で生理痛を緩和するために必要なことなのですが、体に負担となるようであれば避けなければなりません。

ともかく、生理痛が重いと感じたら医師に相談した上で、必要なことに取り組むことが重要です。

 

機能性月経困難症と器質性月経困難症の違い

生理痛の重さは人によって異なりますが、あるいはそれは「病気」であると考えられます。特に、日常生活に支障が出るほどに生理痛が重いと感じる場合、それは「月経困難症」であると言えます。

月経困難症には「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」の2種類があるのですが、その違いが何なのか解説していきましょう。

※先の記事で器質性月経困難症について説明していますので、併せてご覧いただけますと幸いです。

 

月経困難症の定義

月経困難症は、いわゆる「生理痛」の症状のことなのですが、その中でも特に「日常生活に支障が及ぶレベルの症状を呈する」場合のことを指します。

日常生活に支障が出るため、一般的な生理痛に比べて生活の質を大きく下げる事になります。そのため、早めに解決したい問題でもあります。

しかし、その月経困難症は2種類に分類されることになります。一つは「器質性月経困難症」、もう一つは「機能性月経困難症」です。

微妙にですが名前が異なるということは、その中身も少なからず異なるということになります。

 

原因の違い

まず、両者の大きな違いとしては「月経困難症を患う原因」が異なります。

月経困難症を患う原因が「病気」である場合は器質性月経困難症、「明確な病気が原因ではない」場合には機能性月経困難症となります。原因が異なるため、「治療方法」と「自然治癒の有無」も異なります。

病気を原因とする器質性月経困難症の場合、原因となる病気は子宮に関係する病気であるため、場合によっては手術を必要とします。また、閉経を除けば自然治癒することはほとんどありません。

病気を原因としない機能性月経困難症の場合には、薬物療法と生活習慣の見直しが治療法となります。生活習慣に原因がある場合や子宮の未熟さが原因の場合は、自然に治ることもあります。

 

発症しやすい年代の違い

思春期から20代前半にかけては、機能性月経困難症の方が発症しやすいです。

それ以降になると、器質性月経困難症の方が発症しやすいです。機能性月経困難症の場合、子宮の成長が未熟であることや、生理痛を悪化させる生活習慣について知らないことなどから発症しやすいです。

器質性月経困難症の基礎疾患は年齢とともに発症リスクが高まるため、20代の後半以降に発症しやすくなります。

 

症状の重さの違い

一般的には、病気を原因としている器質性月経困難症の方が症状が重くなります。

もちろん個人差がありますので、一概に「どれくらい」と言うのも難しいのですが、基礎疾患の症状も合わさるため、器質性月経困難症の方が重い症状が表れやすいです。

 

症状の現れ方の違い

器質性月経困難症の場合、生理痛の症状の現れる期間に異常が現れます。

生理から3日が過ぎても症状が続くことがあり、また、生理期間以外でも痛みが生じることもあります。

一方、機能性月経困難症の場合にはあくまでも生理痛の症状が重くなるだけなので、発症のタイミングは通常の生理痛と大差ありません。

 

器質性月経困難症の方が警戒すべき?

上記の説明を見れば、確かに器質性月経困難症の方が状況的にも厳しく、警戒すべき内容であると考えられます。

しかし、機能性月経困難症の場合でも生理痛が重くなり、日常生活に支障を出して生活の質を下げることには変わりません。どちらの場合においても、一度は病院で検査を受けることをお勧めします。

特に器質性月経困難症の場合、病気を早期に発見できる可能性が高くなります。早期に治療を開始すれば、簡単な治療法で快方に向かう事にもなります。

また、機能性月経困難症の場合でもその原因が「プロスタグランジンの分泌過多」である場合には専用の治療薬を処方してもらえます。

どちらの場合でも個人の民間療法だけで治すのは簡単ではなく、医師の力を借りることで解決することが望ましいです。

 

機能性月経困難症の改善

生理痛が重いと、日常生活に支障が出ることもあります。決して良いものではありませんが、生理痛は女性であれば誰でも経験することであることから、それを放置している人も少なくありません。

しかし、「月経困難症」を患っている人の場合、それを改善する方法はあるのです。

 

機能性月経困難症と器質性月経困難症の改善の違い

同じ月経困難症でも、その原因因子により「機能性月経困難症」という疾病と「器質性月経困難症」という疾病に分かれて診断がなされます。

このうち、個人的な方法で改善できるのは機能性月経困難症に限定されます。器質性月経困難症の場合、その原因となるのは子宮内膜症等の子宮に関連する病気です。

自然に治癒したり、民間療法で治療できるものではないため、専門的な治療を開始する必要があります。

それに対して、機能性月経困難症の場合、はっきりと原因が特定できる病気を原因としていないため、逆に言えば個人的な方法で改善することが可能になります。

 

機能性月経困難症の改善方法「体を冷やさず、温める」

機能性月経困難症の改善方法として、第一に「体を温める」ということが重要です。これは血行の改善が生理痛の症状を緩和することにつながるからです。

物理的に体を温める方法だけでなく、食事によって体の内側から体を温めることも必要です。例えば「ショウガ」が体を温めることは知名度が高いです。こうした食品を積極的に摂取しましょう。

逆に、体を冷やす行動や、体を冷やす食べ物は避けましょう。入浴にあたってはシャワーで済ませるだけでは十分に体を温めることが出来ません。

冷たいものだけでなく、体を冷やす食べ物(夏に旬を迎える食材、カフェインや糖分)も避けることが必要です。

 

機能性月経困難症の改善方法「ストレスを溜めない」

機能性月経困難症の改善のためには、ストレスを溜めないようにすることが重要です。

ストレスが溜まることは、自律神経を乱すことになります。自律神経の乱れは「血行の悪化」と「ホルモンバランスの乱れ」の2点において生理痛を悪化させます。

ストレスを溜めないようにすることが必要なのですが、ストレスの源になる出来事を完全になくすことは難しいです。

仕事や家事の中で発生するストレスについては、その発生を止められないものも多いため、発生したストレスを蓄積しないように発散することが必要になります。

 

機能性月経困難症の改善方法「規則正しい生活を送る」

機能性月経困難症の改善のためには、規則正しい生活を心がけることが求められます。

規則正しい生活は自律神経を正し、ホルモンバランスを整える作用があります。食事を抜くことがあったり、就寝の時間が毎日異なる等、生活のリズムに大きく関わる行動を規則正しく続けていくことで、生理痛の症状を緩和することが出来ます。

簡単に見えますが、それを継続していくことは中々に難しく、少し気を抜いただけですぐに生活リズムが乱れてしまう人も少なくありません。

特に生活スタイルに大きく依存するため、人によって難易度の異なる方法でもあります。

 

機能性月経困難症の改善方法「質の良い睡眠を心がける」

機能性月経困難症の改善のために、質の良い睡眠を心がけることも必要です。就寝時間と起床時間を一定にすることは生活リズムの観点で生理痛緩和に必要なことですが、それだけでは生理痛をより緩和することは出来ません。

その睡眠時間の中の「睡眠の質」を向上させることも必要になります。人によってはなかなか寝付けなかったり、眠れても夜中に目をさましてしまう人も多いかと思います。

それはすなわち睡眠の質が低いのであって、そのような状態ではきちんと睡眠の効果を得られません。

生理痛緩和においても重要な要素であり、就寝前の食事や飲酒、光や音による刺激による興奮等、睡眠の質を下げる要因を取り除くことが必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る