生理痛を和らげる当帰芍薬散

生理痛対策として、「漢方薬」を使うという手段があります。生理痛対策となると、効果的な漢方薬は限られています。

その中に「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」という漢方薬があります。

そこで今回は、この当帰芍薬散が生理痛にどのように作用するのかを解説していきます。

 

当帰芍薬散とは?

「当帰芍薬散」とは、「当帰」「芍薬」「川芎(せんきゅう)」「沢瀉(たくしゃ)」「茯苓(ぶくりょう)」「朮」で構成された漢方薬です。

当帰芍薬散は、生理痛などの症状に対して処方される漢方薬の一種であり、特に「虚弱体質の人」に処方される漢方薬です。

「当芍美人」という言葉があり、これは「当帰芍薬散に適した人は色白で華奢な人、美人が多い」ということからこの言葉が使われています。

 

当帰芍薬散が生理痛に及ぼす影響

当帰芍薬散の効能としては、「冷え性改善」「貧血改善」「むくみの改善」といったものが挙げられます。

そもそもに当帰芍薬散は、主原料が「当帰」と「芍薬」であることからその名がつけられていますが、当帰には血行を改善する効能が、芍薬には生理痛の痛みを和らげる効能があります。

生理痛においては、子宮の収縮による下腹部の痛みと、骨盤の開きによる腰回りの血流悪化に伴う血行不良を原因とした諸症状が現れ、冷え性や貧血、むくみもそれらが原因となっています。

こうした症状を、血行改善効果のある当帰芍薬散によって解消することが期待できます。

 

当帰芍薬散のその他の効能

当帰芍薬散には、生理痛の緩和以外にも様々な効能が期待できます。

主な効能としては「不妊症」「切迫流産」「おりもの」「下痢」「シミ」等が挙げられます。先ほど挙げた症状にこれらの症状を合わせて考えると、当帰芍薬散は「女性向け」の漢方薬であると言えます。

女性は男性に比べて冷えを招きやすく、妊娠に関わる症状もかなり致命的です。それらの症状を原因として精神症状を引き起こすことも十分に考えられます。

当帰芍薬散は、女性に多く見られる悩みや女性特有の症状に対して効果を発揮する漢方薬であり、男性にも効果のある効能は数多く有れどもやはり女性のための漢方薬であるという印象を強く受けます。

 

当帰芍薬散の副作用について

当帰芍薬散に限った話ではありませんが、漢方薬は利用する人を選びます。

効能のありがたい漢方薬であっても、利用する人に適したものでない場合には効果がないばかりか、思わぬ副作用に苦しめられることになります。

当帰芍薬散の副作用としては「食欲不振」「過敏症」「悪心」「嘔吐や下痢」「肝機能障害」といった症状が挙げられます。当帰芍薬散の服用が適さない人は、胃腸が虚弱な人と体力のある人、食欲不振や悪心を訴える人です。

特に、当帰芍薬散は前述のとおり虚弱体質な人向けの漢方薬であり、体力にあふれている間逆な人の場合は当帰芍薬散の服用は危険だと言えます。

 

当帰芍薬散の服用の注意点

当帰芍薬散は、食事と食事の間の時間に服用することが望ましいです。空腹時のほうが胃に吸収されやすく、効果を十全に発揮してくれます。

ただし、胃の弱い人の場合で当帰芍薬散を服用する場合には、食後の服用が好ましいです。空腹時に飲み忘れた場合も、食後でもそれなりに効果があるので服用しましょう。

また、服用する際には「水」か「白湯」で服用するようにしましょう。漢方薬は独特の味があり、大人の舌でもこれを得意とする人は極めて少ないでしょう。

だからといって味のあるジュースやコーヒーなどで飲んでしまうと吸収が阻害され、本来の効能を発揮することができません。慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、必ず水か白湯で飲むようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る