冷えによる生理痛の悪化!冷え性を改善する方法は?

女性の中には「冷え」に悩まされている人が数多くいます。女性は男性に比べて筋肉量が少なく、冷え性を患いやすいと言われています。

冷え性単体でも辛いですが、冷えが「生理痛を悪化させる」ということをご存知でしょうか。

そこで今回は、冷えと生理の関係についてお話していきます。

 

冷えによる生理痛の悪化

そもそもに「冷え」というのは、単純に外気によって冷やされることを指していません。症状としての冷えは、血行の悪化によって末端部まで血液が十分に行き渡らないということです。

それによって血液の持つ熱や栄養を手足の先まで行き届かなくしてしまっているため、手足の末端が冷感を覚えるのです。

 

さて、この状態で生理を迎えるとどうなるのでしょうか。

生理では、妊娠の準備のために用意していた子宮内膜などの排出が行われます。

その方法として、「プロスタグランジン」という、子宮を収縮させる物質を分泌させます。

それによって子宮を収縮させ、経血を押し出すのです。さて、冷えによって血行が悪くなっていると、経血の排出に相当な子宮の収縮が必要になります。

それだけ多くのプロスタグランジンが分泌されることになり、子宮の収縮による下腹部の痛みはその痛みの大きさを増すことになります。

つまり、冷えを患っていると生理痛がひどくなるということになります。

 

生理痛による冷え症

しかしながら、冷え性は生理痛悪化の原因となるだけでなく、生理痛の症状として冷え性を患うことも考えられます。

まず、生理においては骨盤が開きやすくなります。骨盤が開いた先にも血管があり、その先は下半身となります。なので、下半身への血流が滞ることになり、冷えの原因となります。

また、辛い生理痛の際には体を動かすことを控える人が多いです。体を動かさないと、血行が悪くなります。これもまた血流悪化に伴う冷えの原因となります。

このように、冷え性の原因が生理痛によるものであるということも考えられ、お互いに影響しあうことで生理痛も冷えも悪化することも十分に考えられるのです。

放置していると、慢性的に思い生理痛と重度の冷えを抱え込むことになり、他の症状を引き起こす温床となる可能性も捨てきれないのです。

 

温かいもので体を温められる?

この点、勘違いしている人が意外と多いのですが、温かければ何でも良いというわけではないのです。

冒頭でも述べましたが、冷え性とは単純に体が冷たいということではなく、血流の悪化による末端部への血流停滞が原因です。なので、温かいものを食べたり飲んだりするだけでは、一時的に暖かいだけで、すぐに冷えることになります。

そして、厄介なことに「温かい飲み物を飲んで体が冷える」という、意味のわかりにくい出来事に見舞われる可能性すらあるのです。

 

どういう事かといえば、「体を冷やす食べ物・飲み物」を食べたり飲んだりすることです。

夏に体を冷やすものとして「きゅうり」や「スイカ」などの食べ物が有名ですね。

こういった食べ物は、仮に温めてから食べたとしても、体を冷やすことになります。

そして、先程述べた「温かい飲み物で」というのは、「コーヒー」などのカフェイン入り飲料が体を冷やすことを知らない人が多いことへの警鐘なのです。

ホットコーヒーは体を温めるイメージが有りますが、カフェインは体を冷やす成分です。

なので、ホットコーヒーや温かい緑茶などは温かい飲み物でも体を冷やすことになります。

毎日飲むような習慣があると、慢性的な冷えを招くことになります。温かい飲み物でしっかりと体の中を温めたいのであれば、ノンカフェインの飲料でなければなりません。

麦茶やハーブティーをホットで飲めば、体をしっかりと温めることができるでしょう。

 

冷えから身を守る方法

冷えを患うと、生理痛を悪化させる可能性が高くなります。冷えと生理痛の諸症状を同時に耐えることは中々に厳しいものがあります。

冷えを解消することで生理痛も緩和することができ、良いことばかりです。

そこで続いては、冷えから女性の体を守ってくれる方法についていくつかお話していこうかと思います。

 

適度な運動の習慣を身につける

適度に運動することは、血行を改善して冷え性を解消することに効果的です。重要なのは、「習慣づける」ということです。

毎日必ず運動しなければならないということではなく、2~3日に1回でも良いので定期的に運動する習慣を身につけることが、冷えの解消に効果的です。

気が向いた時に適当に運動するだけでは、慢性的な血行の悪化を解消することなどできません。運動の習慣を身につけることで初めて、運動による血行の改善とそれに伴う冷えの解消が見込めます。

ただ、人によっては運動の習慣そのものが難しいということもあるでしょう。その場合、「ストレッチ」でも相応の効果が見込まれます。

ただ、ダイエットを行いたい場合であれば、やはりストレッチよりも有酸素運動のほうが効果がありますので、やはり屋外での運動をお勧めします。

 

体を冷やす食べ物を避け、温める食べ物を食べる

夏には冷たい飲み物、冬には温かい鍋物が恋しくなりますが、冷え性の改善においては食べ物や飲み物の温度はそこまで大きな意味は持ちません。

仮に温かい飲み物や鍋物をつついたとしても、暖かいのはその時だけでしょう。冷え性を改善するための飲食の基本は、「体を温めるものを食べる・飲み物を飲む」ということです。

まず、食べ物に関しては「北の地方で育つ」「冬に旬を迎える」といった特徴の食べ物が体を温めます。逆に南国の作物や夏に旬を迎える食べ物はNGです。

飲み物に関しては、カフェインや砂糖を避けることが重要です。これらが含まれた飲み物は体を冷やします。

体を温める飲み物は、体を温める効果を持つ「ショウガ」を使った飲み物や、ノンカフェインのハーブティー、血管拡張作用を持つポリフェノールを含んだココアなどがお勧めです。

 

ストレスを溜めない

ストレスの蓄積は、自律神経を乱すことで血行を悪化させます。自律神経が乱れれば女性ホルモンの分泌も乱れてしまい、生理痛を悪化させる要因となります。

ストレスは女性にとっても大敵です。適度なストレス発散を心がけて下さい。方法としては、上記で取り上げた「運動」であれば、運動の効果とストレス発散の効果で一石二鳥です。

もちろん、他の方法で発散するのも良いですが、「甘いモノを食べてストレス発散」だけはNGです。ただ、「体が冷えるから、死ぬほど食べたいけど甘いものガマン」というのも良くありません。

これはこれでストレスとなります。ちょっと食べるくらいなら、体を冷やすほどの量にはならないでしょう。冷えの解消にとって甘いものの食べ過ぎには注意が必要ですが、ストレスになるほどに我慢することもNGです。

その他、ご自分に合ったストレス発散方法を見つけることも、冷えの解消には必要です。

 

入浴はシャワーで済ませない

入浴においては、シャワーだけで済ませることは良くありません。しっかりと浴槽に浸かって体を温めることが重要です。

シャワーのお湯でも確かに温かいのですが、体の中までしっかりと温まっていることはまずありません。体の芯までしっかりと温めたい場合、浴槽にしっかりと浸かって体にお湯の熱を感じさせることが大切なのです。

ただ、だからといって長湯すれば良いということでもありません。長湯は体力を消耗し、交感神経を過度に働かせることになります。

熱すぎない、適度な温度のお湯に、無理のない時間だけ浸かっているのが最も理想的です。

関連記事

ページ上部へ戻る