低用量ピル(エストロゲン・プロゲステロン配合薬)の効果と副作用

生理痛が重い時には、民間的で個人的な方法では解決できないことも多いです。そうした体のトラブルに関しては、医療の力に頼らなければならなくなります。

さて、治療においては「薬」を用いることになるわけですが、生理痛の緩和において用いられる薬の中に「低用量ピル」と呼ばれるものがあります。

どのような薬なのかを簡単に解説していきます。

 

低用量ピルとはどんな薬か

「低用量ピル」とは、簡単に言えば「女性ホルモン(エストロゲン・プロゲスチン=プロゲステロン)を含んだ薬」のことです。

日本では一般的に「ピル」と呼ばれていますが、正確に言えば「経口避妊薬」です。その名前の通り、本来の用途は避妊用の経口薬です。

その副作用的な用途として、月経困難症の症状を緩和することができるという点が注目されています。日本でも保険適用されている医薬品で、医師に月経困難症だと診断されて処方された場合に入手できます。

それ以外の方法だと「個人輸入」だけになり、ドラッグストアや薬局で手軽に入手することは出来ません。

 

低用量ピルはどのようにして生理痛を緩和させるのか

低用量ピルは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲスチン類似ホルモンの作用によって、体内のホルモンバランスを整える働きがあります。

これによって、「子宮内膜」の増殖を抑えることが出来ます。子宮内膜は妊娠の際に必要なのですが、妊娠しなかった場合には剥がれ落ちて、経血として排出されます。

その際にプロスタグランジンという物質が分泌され、それが子宮を収縮することで経血を排出するのですが、子宮が収縮することで下腹部の痛みを伴い、他にも様々な症状を呈することになります。

プロスタグランジンは子宮内膜の中に含まれているので、子宮内膜の増殖を抑えることができれば、プロスタグランジンの分泌量を減らすことが出来、子宮の収縮が抑えられるので痛みが和らぐのです。

 

低用量ピルはその他にどのような作用があるのか

前述のとおり、本来は経口避妊薬なので、避妊効果があります。ただし、服用を停止すれば再び妊娠できるようになるので、将来的に妊娠を考えていても時期尚早と考えている際に活用できます。

また、ホルモンバランスを整えることで、生理の到来日をコントロールしたり、子宮内膜症の予防や治療、子宮がんや卵巣がんのリスクを減らす効果もあります。さらに、抗アンドロゲン作用によってニキビの治療にも用いることが出来ます。

このように、低用量ピルは本来の用途以外にも様々な効果を発揮してくれることが分かっています。ドラッグストアで手軽に入手できないのがもったいないくらいですね。

経口薬なので用法用量さえ正しくしていれば、手軽に服用することができる手軽さも評価できます。

 

低用量ピルに副作用は無いのか

ただ、そんな有用な低用量ピルなのですが、副作用のリスクが存在しています。

容量が少ないとはいえ女性ホルモンを増減させるため、体に思わぬ弊害をもたらす危険性もあります。具体的な症状としては、「頭痛」「吐き気」「イライラ」「性欲の減退」「むくみ」といった軽度の症状が多く、いわゆる「つわり」の症状に近いものがあります。

稀な例ではありますが、肝機能障害や子宮筋腫、糖尿病の発症や悪化といった副作用もあります。重篤なものでは「血栓」が確認されており、海外でも死亡例が報告されています。

エストロゲンの制限や低用量ピルの登場前までは血栓症のリスクのために一時期ピルの服用率が低下したという経緯もあります。

こうしたリスクが有るため、特定の症状がある場合には低用量ピルの服用が認められない場合もあります。その点も考慮すると、個人輸入での低用量ピルの入手には危険性が伴うことを無視できません。

 

低用量ピル(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬)の効果

生理痛が重い場合に、産婦人科を受診される人も多いかと思います。

その際に「月経困難症」であると診断された場合に、人によっては「低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬」、一般的な名称としては「低用量ピル」という名前が有名かと思いますが、そうした薬を処方されるかと思います。

この薬、どのような効果があるのでしょうか?

低用量ピルが生理痛にもたらす効果

生理痛が重いということで処方された薬なのですから、生理痛の緩和に効果があることはなんとなく想像できるかと思います。

その通り、月経困難症で低用量ピルが処方されるのは、低用量ピルに「生理痛の症状を緩和する」という効果が認められているのです。

具体的なプロセスとしては。低用量ピルに配合されている女性ホルモンが、子宮内膜の増殖を抑制します。この子宮内膜は、妊娠の際に必要になるのですが、妊娠していない場合には剥がれ落ちて排出されます。

この子宮内膜には「プロスタグランジン」という物質が含まれており、これには「子宮を収縮させる」という効果があります。それによって子宮が収縮され、子宮内の経血等を体外に排出するのです。

その際、プロスタグランジンの分泌量が多いと、それだけ子宮はより過度に収縮することになります。

子宮の収縮こそが、生理痛の代名詞とも呼べる下腹部の痛みの原因であり、子宮の収縮度合い、つまりプロスタグランジンの分泌量の多さが、生理痛の重さを決めます。

低用量ピルの服用によって子宮内膜の増殖が抑えられているので、プロスタグランジンの分泌も抑えられ、子宮の収縮が抑えられることによって生理痛を緩和することができるのです。

 

本来の効果

しかし、本来の低用量ピルの効果は「避妊」です。低用量ピルの別名は「経口避妊薬」であり、元々は避妊薬として開発されています。

そもそもに、生理痛緩和の効果の源である「子宮内膜の増殖防止」も、避妊の効果の副次的な効果にすぎないのです。低用量ピルは経口薬という簡便な方法でありながら、高い避妊効果を持ちます。

日本は欧米に比べてピルの普及が遅れていますが(当時話題となっていたエイズの感染を防げないことによって、ピルの普及には難色があった)、手軽かつ確実な避妊方法として有用です。

 

副次的な効果

低用量ピルの副次的な効果は、それだけにとどまりません。

まず、生理周期を安定させます。これも女性ホルモンの効果によるもので、生理痛の緩和だけでなく生理のタイミングの安定化を図ることが出来ます。

また、経血量を減らすことも出来ます。子宮内膜の増殖が抑えられているので、経血量が多いことに悩んでいる女性にも効果覿面です。

さらに、子宮内膜症を予防する効果や子宮がんのリスク軽減などの効果も期待できます。身近な効果としては、抗アンドロゲン作用によってニキビの治療にも用いられています。

 

効果が強いほど良い?

このように、低用量ピルには副次的な効果も合わせて、様々な健康面での良い効果をもたらしてくれます。

ということは、配合されている女性ホルモンの濃度が高いほど、つまり効果が強いピルほど体にも良いと思うかもしれませんが、実は逆効果なのです。

確かに低用量ピルに配合されている女性ホルモンは、かつてのピルに比べて配合量が少ないです。それでさえもきちんと効能が発揮されているにもかかわらず、それを増やしてはいけないとはどういうことかといえば、重篤な副作用が報告されているからです。

中でも命の危険を伴う症状としては「血栓症」があり、開発当時のピルが一時期廃れてしまったのも、血栓症による死亡患者が発生したことに起因します。現在では女性ホルモンの濃度を制限し、低用量ピルとして普及しています。

 

低用量ピル(低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬)の副作用

低容量のエストロゲンやプロゲスチンの配合された薬を一般的に「低用量ピル」と呼びますが、日本ではこれを生理痛緩和に用いています。

生理痛緩和は本来の用途に対して副作用的な立ち位置なのですが、副作用と聞くとマイナスなイメージがつきものです。

実際、低用量ピルには数多くの副作用が報告されているのですが、今回はその「低用量ピルの副作用」についてまとめてみました。

 

軽度な副作用

まず、低用量ピルの副作用から説明していきます。低用量ピルは冒頭での説明の通り、女性ホルモンを低容量ながらも含んでいます。

そのため、険しい言い方をすれば「ホルモンバランスが乱れる」ということになります。本来はそのホルモンバランスを整えるために服用するのですが、服用によってホルモンバランスが変動することには変わりません。

そのため、低用量ピルに慣れるまでの間は少なからず副作用が発生することになります。まずは低用量ピルの軽度な副作用からです。軽度な場合には、吐き気や頭痛、倦怠感やむくみといった症状が現れる事が多いです。

言い換えれば「つわり」に近い症状です。これは低用量ピルの作用が「体に妊娠したと錯覚させることで排卵を抑える」という内容からも理解しやすのではないかと思います。

しかし、これらの症状は低用量ピルに慣れていくと次第に症状が現れなくなってくることが多いです。

 

重篤な副作用

しかしながら、稀にではありますが重篤な副作用を呈することもあります。症状としては肝機能障害、長期間の服用による発がん性の可能性が挙げられます。

また、子宮筋腫などの婦人病や糖尿病と生活習慣病の更なる悪化を招く可能性も指摘されています。死亡例として知られているのは、「血栓症」です。

実際に日本でも低用量ピルを服用していた女性患者が死亡したケースもあります。ピルが日本よりも早く導入されていた欧米では、より多くの死亡例が報告されています。とは言え、命にかかわるような副作用については極めて稀なケースであると言えます。

 

ピルによる副作用の間違った知識

人によっては、低用量ピルの副作用を間違っているということが考えられます。

まず、「低用量ピルで不妊になる」という点です。確かに低用量ピルは本来は経口避妊薬であり、避妊効果があるので妊娠に対して何かしらの影響を疑うことは分からなくもありません。

しかし、低用量ピルの服用を中止すれば、再び妊娠できるようになります。服用中止から妊娠できるまでの期間には個人差がありますが、永続的に妊娠できなくなるわけではありません。

次に、「低用量ピルで太る」という点についてです。これについては女性ホルモンの影響で太りやすくはなるのですが、用量の少なくなった現代のピルではそこまで致命的な肥満効果は確認されていません。

仮に低用量ピルの影響で太るとしても、せいぜい2キロ前後にとどまります。

 

良い副作用

しかしながら、低用量ピルの副作用は悪い方向に働くものばかりではありません。

まず、生理については生理痛の症状緩和だけでなく、生理周期を安定させる効果が確認されています。また、生理痛だけでなく「PMS(月経前症候群)」の症状緩和にも効果があります。

さらに、子宮内膜症や子宮がんといった子宮の病気の改善や予防にも効果が認められていて、乳房の良性腫瘍の発生率低下も確認されています。小さな点では、肌荒れやニキビの改善効果もあります。

このように、本来の用途である避妊以外にも、生理痛緩和効果と上記にのような副次的な作用も認められているのです。

デメリットを無視することは到底出来ませんが、低用量ピルを服用している最中に体に異常を確認したら、速やかに担当医にその旨を告げ、適切な処置を施すようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る